【前編】わたし好みの漬け込みフルーツを作ろう!

レーズン

ハロウィンが終わり、街はゆっくりとクリスマスモードが始まってきていますね。
日に日に寒くなる今日この頃、まだまだ先だと思っていても、気がつけば12月まで1ヶ月!

クリスマスにとびっきりのお菓子を作るために、今から漬け込みフルーツの用意をはじめませんか?作り方はとっても簡単!お好みのドライフルーツを、お好みのリキュールに漬け込むだけ。
自分好みに作れちゃうところが、漬け込みフルーツの醍醐味なのです。

クリスマスの定番お菓子であるシュトーレンやクグロフに使ったり、おなじみのパウンドやパンに混ぜ込んでみたり、クリームチーズと一緒にワインを楽しんだり、アイスクリームにそえるなど、おめしあがりの用途はさまざま。はじめてさんにもおすすめですよ。

とは言っても、ドライフルーツリキュールも種類がたくさん!
相性の良いフルーツとお酒の組み合わせも気になりますよね。

そこで、クオカスタッフが3者3様で漬け込みフルーツにトライしてみました!
パティシエ経験のあるスタッフのアドバイスも取り入れつつ、選んだドライフルーツと洋酒の組み合わせは以下のとおり。

① スタッフ名取が選んだ
『甘酸っぱくてフルーティ!女子に人気のミックスベリー』

ミックスベリーミックスベリー

● 選んだフルーツ & リキュールはこちら
● スタッフのこだわりポイント:
甘みも酸味も一緒に楽しめるところと、女子らしい可愛い色どりになるように選びました。お酒はベリー系と相性のよいキルシュで華やかな香りに。

② スタッフ西谷が選んだ
『自然な甘みとむっちり食感がやみつき、ナチュラル素材』

アプリコットアプリコット

● 選んだフルーツ & リキュールはこちら
※小瓶につけやすいようにフルーツはそれぞれ4等分しましょう。
● スタッフのこだわりポイント:
とにかくドライフィグが好きなので、相性のよさそうなリキュールとむぎゅむぎゅの食感の近いフルーツを集めました。バニラの香りでまろやかに。

③ スタッフ粟倉が選んだ
『豊かな香りと渋みのある味わい、大人の定番ラムレーズン』

レーズンレーズン

● 選んだフルーツ & リキュールはこちら
● スタッフのこだわりポイント:
どんなパンやお菓子にも合う定番ものを!3種のレーズンを使って味わいの広がりに期待です。

 

用意するのは、こちらの2つ。
小分け保存用ジャム瓶(185ml角)DOVERパストリーゼ500mlヘッド付です。

ここで注意点。
漬け込みフルーツの下準備として、忘れてはいけないことが2つあります!
1つめは、オイルコーティングしてあるドライフルーツを軽く湯通ししてオイルを落とし、水気をしっかりと拭き取ること。水気を含んでいるとカビの原因となりますので、ご注意ください。

2つめは、保存用の瓶をよく洗い、パストリーゼもしくは熱湯で消毒しておくこと。
熱湯消毒だと時間もかかり熱くて大変なので、シュシュッとひとふきでらくちん消毒ができるパストリーゼがおすすめですよ!
また、今回スタッフが使用している小分け保存用ジャム瓶(185ml角)のように耐熱びんでないものは、危ないので熱湯消毒は避けてください。

 

準備ができたら、さっそくフルーツをびんに詰め込む作業。
おのおの好きな塩梅で、お箸を使って詰めていきます。この作業が数名でやるとなかなか楽しく、「夏休みの自由研究みたいだね」とスタッフも和気あいあいと作業していました。

レーズンレーズン

フルーツごとに層になるようにして詰めていくと見た目が美しく仕上がります。また、形状の大きめのものから順につめていくと安定感がでますよ。

レーズン

ドライフルーツをきれいに敷き詰めたら、表面がひたひたに浸かるくらいまでリキュールを注ぎ入れます。このときフルーツがひょっこり顔をだしているとカビやすくなりますので、たっぷり液に浸してくださいね。

瓶のフタをして密封すれば完成!
3つ並べるとこのように、すでにわずかに色づき始めていました。
思わぬ華やかな仕上がりにスタッフも興奮気味。
それぞれ個性があって、これからの経過が楽しみです。