生クリームの植物性、動物性にはどんな違いがありますか?

味わいと使いやすさが大きく違います

動物性生クリーム

乳牛から作られる純粋なクリーム。

乳脂肪分が30~50%ほど含まれ、濃厚でコクがあるのが特徴です。脂肪分が40%前後のものがのもの製菓用に向いています。

植物性動物性生クリーム

乳脂肪のかわりにヤシ油などの植物油脂を利用して人工的に作ったクリーム。
動物性のものに比べてコクや旨味には欠けますが、ナッペや絞りなどの作業がしやすく、消費期限が長く、価格が安いなど植物性ならではの良さがあります。