クーベルチュールチョコレートと市販の板チョコ、どう違うの?

クーベルチュールチョコレートは、厳しい国際規格をクリアしたチョコレートです

大きな違いはチョコレートを構成する成分の割合。

市販の板チョコは、そのままお菓子として食べやすく、流通しやすくするために、カカオバター以外の油脂や香料なども配合されています。

一方、製菓用チョコレートの中でも「クーベルチュール・チョコレート」は「総カカオ分が35%以上あり、なおかつココアバター分を31%以上含み、またココアバター以外の代用油脂を5%未満しか使っていない」という厳しい国際規格をクリアしたチョコレート。
カカオおよびココアバター分が占める割合がとても高いため、カカオ本来の風味が楽しめ、口溶けよくなめらかで、美しいツヤのあるチョコレート菓子に仕上がるのです。