チョコレートはどうやって保存すればいいの?

夏場以外は常温保存で、空気に触れないようにジップのついた袋などで保管を

チョコレートは、15〜22℃くらいが保存時の適正温度。直射日光があたらない、冷暗所で保管をしてください。また、夏場は冷蔵庫の野菜室などの温度が下がり過ぎないところで保存しましょう。

チョコレートは風味が大事。他の食材の匂いが移らないよう、密封容器で保存することをおすすめします。
クオカのアルミ袋入りのものは、ジップをしっかり閉じてそのまま保管できます。大袋のものジップのない袋は、エニーロックなどを使ってしっかり封をしてください。
詰め替える場合は、空気に触れない密閉容器にいれてください。

また、クーベルチュールチョコレートは特に鮮度も風味に大きく影響します。おいしくお召し上がりいただくためには、開封後1〜2ヶ月以内に使い切ることをおすすめします。

関連商品

  • エニーロック 2号
    エニーロック 2号
  • セラーメイトチャーミークリアー
    セラーメイトチャーミークリアー