チョコレートがボソボソで口どけがわるい

水が入ったか、テンパリングに失敗した可能性があります

湯せんで溶かしたチョコレートの場合:
ボウルやゴムベラなどの道具に、水滴が付いていたりしませんか?チョコレートに水分は大敵。キッチンペーパーや乾いたふきんで入念に拭きましょう。
テンパリングしたチョコレートの場合:
テンパリング中に温度を上げすぎた可能性があります。50℃以上になってしまうとチョコレートが変質してしまい、ボソボソとかたく、口どけの悪い仕上がりになります。
生クリームを混ぜたチョコレート(ガナッシュ)の場合:
チョコレートも生クリームも水分を嫌います。湯せんのときと同じように水分には気をつけてください。また、生クリームが少ないと分離してしまい、ぼそぼその原因になります。