手作りトリュフの仕上げのバリエーションを教えて

ラインを描いたりパウダーをまぶしたり、様々な仕上げを楽しみましょう

はじめての方でもチャレンジしやすい簡単な仕上げをご紹介します。

プレーン
プレーンのトリュフボール
コーティング用のチョコレートにくぐらせたら、ラップなどに置いてかたまれば完成です。チョコレートをきれいにコーティングするには、トリュフフォークが便利です。

関連Q&A

>Q.トリュフフォークってどう使うの?

ツノ
コーティング用のチョコレートにくぐらせ表面が固まったら、もう一度チョコレートにくぐらせてコーティングし、網の上に置いて少し乾いてきたら、フォークで転がしてツノを作ります。
キスチョコ風
ガナッシュを絞り袋で絞ったら、すぐにココアなどお好みのパウダーをふります。
ライン
コーティング用のチョコレートにくぐらせて表面がかたまったら、チョコペンでラインを描きます。お好みで、ラインがかたまらないうちに、アラザンや金粉などをトッピングするのもおすすめです。
パウダー
コーティング用のチョコレートにくぐらせ、すぐにココアやシナモンシュガーの中に落として転がしながら全体にまぶします。
トリュフ仕上げのバリエーション