トッピングのココアがチョコレートにしみてしまう

吸湿しにくい(なかない)ココアを使いましょう

生チョコやトリュフはもちろん、ケーキのデコレーションやティラミスの仕上げには、「なかないココア」を使いましょう。

通常のココアパウダーに比べて吸湿しにくいので、いつまでも美しいデコレーションを維持できます。

なかないココア使用例

関連商品

  • なかないココアパウダー(トッピング用)
    なかないココアパウダー(トッピング用)