マカロンの表面にひびが入ってしまう

乾燥が足りないか、マカロナージュが足りない可能性があります

マカロンのひび割れの原因は大きくふたつあります。

1.乾燥不足
表面の乾燥が足りないためと、焼いたときの生地のふくらみに負けてひびが入ってしまいます。触ってみて生地が指につかず、少し跡が付く程度に十分乾燥させましょう。
2.マカロナージュ不足
ひび割れだけでなく、生地につやがなく中に空洞ができている場合は、マカロナージュが原因です。つやが出て、持ち上げるとリボンのように落ちるくらいしっかりマカロナージュしましょう。触ってみて生地が指につかず、少し跡が付く程度に十分乾燥させましょう。