パンの一次発酵ってなに?どんな状態になればよいの?

一次発酵の目的は、生地を十分ふくらませること

一次発酵は生地をこねた後、最初に行う発酵で、イーストが発生させる炭酸ガスを生地の中に閉じ込めて十分にふくらませるのが目的です。

発酵完了の目安に、フィンガーチェックをしてみましょう

一次発酵は、約2倍のボリュームになるまで膨らめば発酵終了です。
指に粉をつけて生地の中央にさし、穴がすぐに戻らなければOK。
穴がすぐに戻ってしまう場合は発酵が足りませんので、もう少し待ちます。ガスが抜け、全体が沈むようなら過発酵です。

一次発酵はどんな状態になればよいの?