パン生地が手にくっつかないように、打ち粉をたっぷり使ってもよい?

必要最低限にして、足りないようなら追加して

打ち粉は作業に必要な分だけ最低限使うようにしましょう。使いすぎると、粉が生地にどんどん吸収されて固くなったり、表面がカサカサした状態になります。作業中足りないようなら少しずつ追加してください。

ちょうどいい量の打ち粉

<ちょうどいい量の打ち粉>

打ち粉が多い

<打ち粉が多い>

打ち粉が少ない

<打ち粉が少ない>

ただし、水分量の多い高加水のパンは打ち粉をたくさん使って作業する場合があります。