2014年6月6日

ファスティングでからだリセット

01

前回、書籍の宣伝をさせていただきましたが、その製作期間、かなり多忙だったの。そこで、体力不足を実感し「ここで体調を崩しては美容の本を作っていながら本末転倒」と、入稿が済んだところで各種検査(ようは健康診断)に、、、

そしたら、あれま、大腸ポリープ発見!
私はもともと、内臓にポリープ(おできですね)を作りやすい体質。外側の臓器である肌に現れない分、内側の臓器に出るなんぞ、人ってよく出来ているな〜〜なんて、感心したりも。

当日は検査のみの予約だったので、後日、仕事の調整ができる日を選んで内視鏡での切除に。 これがね、いまでこそ話せますが、よい、ファスティング(断食)期間になったのですよ。
前々日から消化のよい食事に。前日は、夜の9時以降は水分のみ。なので、昼も気を使ってお粥などで調整。そして処置当日は(食事中の方は失礼!)下剤で強制的に腸内を空っぽに。当日はやはり水分のみ。 翌日から消化によいものなら食べられるとのことでしたが、下剤の影響か、食欲がなく、酵素ドリンクのみで過ごし、その翌日も同様。

なので、計4日、ほぼ食べない日が続きました。回復食として、まずアボカドのスムージーにビタミンB12が豊富なグリーンスーパーフードというパウダーを混ぜていただきました。その後は、さつま芋のペーストを伸ばし、アミノ酸豊富なマカのパウダーを混ぜたり、フルーツは酵素豊富なパパイヤなどを食べたりと、徐々に休んでいた胃と腸を慣らしていったのです。

今回は腸内の処置の関係で半強制的でしたが、私は季節の節目ごとにファスティングはしています。ちょうど、夏至(6月21日)ごろに、また実行しようかと予定していたので、少し早まりましたが、今は快調! 体重は2キロ減。
もともと太ってはないので、落ちすぎると反対に危険なのですが、そこはプロ。酵素と油を欠かさず、補給して乗り切りましたよ。 体重が減っても肌の艶はそのまま。よく痩せると顔色悪く、カサカサとシワっぽくなる方がいますが、それは、野菜ジュース(酵素ドリンクなど)のみで過ごしてしまうから。 生の飲み物は加熱しないで常温でのみますが、合間に、脳に旨味を感じさせるため、出汁をかなりきかせた味噌汁(具は食べない)をいただきます。

私は解毒を促す為、肝臓の働きを助けるシジミ汁が好き。 脳が旨味を渇望すると、異常に食欲が湧くので失敗しがちですよ。

そうそう、酵素ドリンクの甘さも食欲をおさめるのに適しているので、ファスティング中は「これって、かなり甘いね」というくらいの脳が満足する甘さに。 私は朝と晩にかかさずいただくお味噌汁には、亜麻仁オイルかオリーブオイルを垂らします。 ファスティング中は午後くらいに一度眠くなるので、その時はコーヒーにココナッツオイルを混ぜます。
こんな風に液体+オイルで、ファスティング空けでも肌の艶を維持しています。

今年の春は、本の出版、ポリープ切除など、バタバタでしたが、その合間をぬって神社巡りなども。 実際のご利益は、はっきりとはわかりませんが、気がよい場にいるだけで、多少の悪い気(これが貯まると病気に)は吹き飛ぶので、行かないより行ったほうがいいですね。

つくづく健康ってありがたいと感じます。 解毒むきな新月にむけてファスティングする方、もしくは、半年の区切り、夏至にむけ上半期のデトックス!と予定されている方、くれぐれも、酵素ドリンクだけでなくオイルも忘れずにね。