2015年2月13日

出雲大社からのカニまつり

01

先日、出雲大社に行ってきました。
そして、少し足を伸ばして鳥取に入り、紅ずわいの水揚げ日本一の境港にて、カニ祭り。

 日本海にいくなら「松葉ガニ」でしょう!との声が聞こえてきそう・・・
ですが、松葉ガニは関東圏にいると、雲の上の存在。
むしろ毛ガニのほうが食べる機会多いかしら?
札のついた特大サイズの松葉ガニなんて、おいそれと手がでない(泣)と思っていたら
「出雲にいくなら隣の境港市でカニを食べるのがオススメ」という情報を得て、
島根から鳥取へ移動。

02

 境港の駅を出たら空にはカニ型の雲がお出迎え。

さっそく、紹介された店、境港の「美佐」へ。
カニ料理がお手頃価格で食べられます(おかげで贅沢にも松葉と紅ずわいの食べ比べが!)。

お店を紹介してくれた知人の計らいで「境港ベニズワイガニ料理推進協議会」会長の川口さんによる、刺し身から始まり、焼きガニ、しゃぶしゃぶと・・・なんと紅ずわいの食べ方指南付。
ちなみに川口さんの本業はカニの卸業者で、仕事の合間に好意で紅ずわいのおいしさをアピールするべく大使的な活動をされています。

04

「カニは、薬膳でいうところの肩こりにいいらしいのです~」と、ウンチクをききながら、
私は甲羅酒にも挑戦。ふぐのひれ酒のカニ味噌バージョンですね。体、温まります。

03 

殻をとった足を5秒、軽く鍋の中でシャブシャブして、焼いた甲羅に残っている味噌をつけて食べると止まらない!
松葉も紅ずわいも焼いたときに、身の色が半透明くらいの状態が(透明な身が真っ白になるまでだと焼き過ぎ)など、普段、あまりカニを食べない私は、勉強になることが沢山。
とれたてで正しい食べ方だと、紅ずわいってトロリと甘く美味しいのですね。
ずわいの中でも「紅ずわい」を丸ごと食べたのははじめて。で、お値段は松葉の半分、いや4分の1なので、家で気軽にお取り寄せしても。

05

そうそう、境港は「水木しげるロード」があることで、有名ですね。
私は出雲からの移動に鬼太郎列車に乗りましたよ。
出雲大社からの水木しげるロード。
いえね…いろいろ感じるもの、考える点はあるのですが、1月や2月など寒さが厳しい時期は、
やはり寒い!雪がチラチラ舞うなか見かける目玉おやじ、怖いです〜。

 立春過ぎていますが体感では、今が一番寒いくらいの日々。
まだまだ風邪、流行ってますね。寒さが緩むと花粉だ!