2015年5月14日

ゴーヤチャンプルにはスパムだね!

okinawa_01

いえね、ゴールデンウィークに沖縄にいってきたのですよ〜。一足先に夏な気分にひたりに・・・といってもゴールデンウィークが明けたら東京も夏日が続き、春を飛ばして夏のようですが(笑)

滞在中ホテルのバーで、つまみとして「ゴーヤチャンプル」を頼んでみたら、え!と驚くほど上品な味。肉はベーコンなのかな?と思うぐらいゴーヤも透ける程の綺麗な薄切り。まずくはないのだけれど、沖縄感が薄く、少し物足りない感じが。

気を取り直して帰りがけの那覇空港の「空港食堂(那覇空港一階)」で沖縄最後の食事。地元や空港勤務の人も普通に立ち寄るという、知る人ぞ知る「ザ・食堂」と言った感じのお店です。
もちろんお目当てはゴーヤチャンプル。

あぁ、コレよね♡。

肉はもちろん缶詰の「スパム」。普段は食べませんが沖縄にいると異常に美味しく感じる、中身も含めて謎の肉です(笑)正統派のゴーヤチャンプルはこんな感じ(画像を参照に)。具材がゴロン。

okinawa_02

引き続き、ココナッツオイル、はまっています。
最近は何に活用しているかというと・・・みつ豆。
暑いと食べたくなるのが「寒天」。寒天と豆は、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておくので、盛って黒みつをかけたら、さらにその上からココナッツオイルをたらり。
今の気温だとココナッツオイルは液体になっているので、まわしかける感じかしら?これが冷たい具材の上にかかると、また白く固まり、見た目、なんだか洋風に。あ、味も、和菓子とは一味違ったノリになるので、試してみて☆

okinawa_02

私は自分のこと、かなり大雑把なタイプだと自覚していますが、一つだけこだわるところは温度。
お菓子用に使っている我が家のデロンギオーブンは、表示があてにならないのと季節によっても微妙に変わるので庫内の温度計は必須。あと、人のお家でオーブンを借りて作る時も、そのオーブンの癖がわからないで持参します。
となりのスプーンスケールは、少量、例えば小麦粉30gくらいなど、わざわざ測りを出さなくてもすくって重さ(量)が測れるので重宝。少量だけ必要だけど、その材料の重さもきちんと計りたい。なんて時、便利なのです。

okinawa_04