2015年7月29日

私の手作りヒストリー

history_01

最初は、お菓子よりパン作りだったかな…?
私がクオカで材料を買うきっかけになったのは。
だいたい、15年くらい前?

当時、まだそれほど性能がよいとは言えない
ホームベーカリーを購入したのがはじまりでした。
自宅でのパン焼きに凝りはじめ、その後手ごねに。
最終的に、こねはキッチンエイドで…という流れに落ち着きました。
形も、ただ丸めるところからはじまって、食パン型をいろいろ使うようになり、
小麦粉も、北海道産を上手く膨らますには?など、試行錯誤しました。

結局そこまでは手を出さなかったけど、当時の憧れはクロワッサン。
大理石ののし台が欲しいな〜など、夢見ていました(笑)。
それから焼き菓子に移行して、一時はケーキ専門の教室に通っていたくらい。

そのうちに自由になる時間が減っていき、
焼きっぱなしでよい素朴な焼き菓子を中心に作るように。
材料も、おすそ分けするものなら相手に合わせて、
乳製品抜きや卵抜きをしたり、油の種類にこだわったり
(いまならココナッツオイルなど)、
粉も、ノングルテンを意識している人向けなら米粉にしたり、
加える素材も、例えばナッツなどをオーガニックを選んだりと、
見た目より「何を使っているのか?」が中心になっていきました。
スイーツの世界でも、時流ってあるのね…と、
自分の生活の変化と、自分と友人などの
周りの人達の食に対する関心の変化を、回想しています。

実は、長年続いたこのブログもこの号をもって最終回。
とはいえ、食にこれからも関わっていきますよ。
私の仕事で食は、美容の取材の一環になっていますからね。

 

先日も、フランスのスムージー会社の試飲会を取材しました。
フランスNo.1ブランド「ピエール・マルチネ」。
現在、すでにナチュラルローソンなどで発売中ですが、
これまですでにオーガニック食材を扱うお店では、
定番品となっているスムージーです。
このスムージー、どの味を飲んでも、完成された(冷たい)スープのよう。
それもそのはず、星付きレストランのシェフがレシピを監修しているんです。
フランスらしく塩味もしっかりきいているので、
栄養面だけでなく、夏の発汗後の、塩分補給にも最適。
トマト味で何かを煮込むとき、このスムージーを足す、
もしくはこれだけで、煮込んでも味がピシっと決まるので料理に活用しても。

history_02

もう一つ、食関連の試食会で見つけ、オススメしたいのが、
今、ブレイク中の「サンフード」から、
9月1日に発売開始さる「ブラックオリーブ」(グリーンオリーブが熟したもの)。
肉厚で、まろやかな味が特徴です。
オレイン酸やビタミンE、ビタミンA、鉄やカルシウムといったミネラルが豊富で
料理のトッピングだけでなく、ビールやワインのお供にもぴったり。
つまみながら、女性の美しさを引き出してくれますよ。

history_03

趣味でスイーツを作りはじめたのをきっかけに、
いまでは美容に役立つ食の取材に奔走するようになりました。
今後も、場所を変えて発信していきます。

また、どこかでお会いしましょう!