2017年2月13日

【イベントレポート】100種類のチョコレートテイスティング

100chocolate_00

2017年1月27日(金)~29日(日)の3日間、クオカスタジオで100種類のチョコレートテイスティングイベントが開催されました。当日の様子や感想を、初日の回を体験した女子大生サークルCovergirl c.c.のお二人のインタビュー形式でご紹介いたします。写真左から澤野華菜さん、江部優奈さん

cuoca:今回、チョコレート100種類をテイスティングするイベントに参加いただきましたが、全体的にいかがでしたか? 
澤野さん:第一印象として、チョコレートにこんなにも種類があることに驚きました。そして、専門家でもなんでもない自分にも違いがわかり、嬉しかったです。チョコレートでお腹いっぱいになれるなんて幸せでした!
江部さん:今まで100種類ものチョコレートを一度に見るということもなかったので新鮮な体験でした。私はチョコレートが大好きなので……♡ 100種類となるとかなりインパクトがあり、どれから食べるか迷ってしまうほど。たくさんのチョコレートをティスティングできて、貴重な体験ができました。バラエティに富んだチョコレートに囲まれて、とても幸せな気持ちでした!お口直しにコーヒーやパンもいただけたので、100種類あったチョコレートもしっかり最後まで味わえました。

100chocolate_01

cuoca:澤野さんはふだんからお菓子作りをかなりされるそうですが、お気に入りのチョコレートは見つかりましたか?
澤野さん:私のお気に入りのチョコは、森永のクレオール60%(スイート)と、ヴァローナのイボワール35%(ホワイト)です。 クレオール60%は、これだけでも食べられそうなくらいの優しくて柔らかい甘さに惹かれました。私はリキュールや果物などでもアレンジできそうだなとも思いました。アレンジしても、ちゃんとチョコは残ってくれると思うので、そこもお気に入りポイントです! イボワール35%は、ホワイトチョコ特有のバニラの香りが本当にいい香りで! 説明文を読んでみると、天然バニラが使われてるそうです。それに加えて、滑らかな口溶け感もお気に入りに選んだ理由です!

cuoca:江部さんも気になったチョコレートがあったとか?
江部さん:cuocaさんの砂糖不使用ホワイトチョコレートが今までにない風味でとてもおいしく頂けました。私が好きなのはスイートチョコレートやビターチョコレートが多くて、正直、普段はホワイトチョコレートはあまり食べないのですが、この商品は甘さがしつこくなく、ミルクのような自然な甘さで何個でも食べたい!と思いました。 あとはフレーバーチョコレートの濃い苺が、名前の通り苺の風味が強く、色もピンクなので見た目でも完全に射抜かれました!! 女子大生サークルで活動をしていると女子会をすることも多いので、「これはメンバーウケも間違いなくするな」とテイスティングしながら考えてしまいました。「砂糖不使用のホワイトチョコレートと濃い苺」の二種類のチョコレートをcuocaのwaxペーパーを敷いて、かわいいお皿に並べて、あとはコーヒーがあれば女子会が簡単にできてしまうなと思いました!

100chocolate_02

cuoca:今回、100種類のチョコレートを用意した背景として、コーヒーやワインと同じように産地やカカオ分、副材料などによってチョコレートの個性が異なることを実感いただく、という狙いがありました。参加されて、お好みのブランドや産地などの傾向はわかりましたか?
澤野さん:さきほど挙げた2つのチョコレートの共通点は、どちらも天然の材料が使われていることかなと思いました。スイートチョコは、北海道産ビート糖が使われ、香料不使用。ホワイトチョコには、天然のバニラが使われています。優しい味のチョコが好きみたいです。また、スイートチョコは60%前後のカカオ分のものが好きなんだなとわかりました。100種類もあると、自分の好みの傾向もわかって、今後のお買い物にも役立ちますね!
江部さん:カカオの使用料が同じでも国やメーカーによって違うということがよくわかりました!頂いた「チョコレート辞典」を見ながら、それぞれチョコレートを味わうことができたので、苦味・甘味・酸味の特徴も知ることができて、勉強になったなと。 いろいろな国やメーカーのチョコレートを食べてみると自分の好みの傾向もわかってきて(笑)私は日本のメーカーのものはもちろん好きなのですが、他国だとスイスのカルマのチョコレートが合うということがわかりました!スイスのチョコレートもこれから見てみようと思います!

100chocolate_03

cuoca:これまでのチョコレートに対する印象なども変わられたとのことですね。これをきっかけに、さらにチョコレートを楽しんでいただけたらうれしく思います。
澤野さん:いつも、チョコレートを買うときは、おすすめのものか、どのお菓子でも合いますと書かれているものを選びがちでしたが、今回のテイスティングをしてみて、そのお菓子や、食べてもらう人に合わせたチョコレートを選んでみたいなと思いました。また、チョコレートだけでもこんなにもたくさん種類があって、さらにブレンドしていったら…と考えると、改めてお菓子の世界は無限大だなと思いました。貴重な経験をさせていただき、とても感謝しています。ありがとうございました。
江部さん:今回のようなテイスティングイベントは私のようなチョコレート好きやお菓子作りが好きな人にとって有意義な会だったと思います。 「自分で100種類買ってみて試す」ということは難しいので!また、お菓子作りをする良いきっかけにもなったと思います。 (私はお土産にいただいたガトーショコラミックスで早速お菓子作りをしました!)

 

今回はカバーガールのお二人にうかがいましたが、参加された方おひとりおひとりにとって気づきや発見のあるイベントだったかもしれません。 チョコレートにかぎらず、お菓子材料や道具などの面白さを体験できるイベントがまた開催できるよう努めてまいります。ご興味のある方はぜひ次回ご参加くださいね。