2011年8月3日

世界のパン、様々。

paris.jpgみなさまこんにちは。広報の石原です。
先月、すこし早めの夏休みをいただきまして、フランス&ドイツへ旅行してきました。

ほとんどの時間は観光したり、散歩しながら買い物したり、という気ままな過ごし方をしていたのですが、それでもやっぱり気になるのは「パン屋さん」や「パティスリー」。

パリではやっぱりよく目につくPAULやERIC KAYSER。あとRose&Breadも友達のオススメ通りキュートでおいしかった!あと、名前を忘れてしまいましたがサン・ルイ島で立ち寄ったパン屋さんもクロワッサンがジューシーでした!(写真は泊まったホテルのすぐちかくにある老舗カフェ、Cafe de floreでの朝食です♪)

所変わって、ドイツ。
paris2.jpg
陸路で移動したため、途中からだんだん周囲の言語が変わってきたなあとは思いましたが、降りると、お店に並ぶパンもがらりと変わっていました。やっぱりプレッツェル、そして、ロッケンブロート。市場にもいくつもパン屋(そしてソーセージ屋)がありましたが、フランスだとバゲットが並ぶところに、当然ながら並んでいるのはドイツパン。実はこれまであまりドイツパンって手に取ることが無かったのですが、食べてみるとやっぱりおいしい!ですね。


そういえば来週から、クオカのサイト上でも『世界一周パンの旅』が始まるのです。第一弾は最近ひそかに話題のベトナム、バイン・ミー。こちらもぜひお楽しみに!

広報 石原