2011年9月26日

かわいらしく、でも本格的なパン教室。

yoshimi3.jpg皆様こんにちは。広報の石原です。

お取引先にご紹介いただきまして、六本木に昨年オープンしたパン・お菓子教室、Ecole Levain D’antan (エコール ルヴァン ダンタン)さんの1周年お祝いパーティにお邪魔してきました。
こちらを主宰されているのは、パリでパティスリー&ブーランジェリーを4店舗経営する、石川芳美さん。
yoshimi.JPG
ご自身もパン職人でいらっしゃいます。今回初めてお会いすることができたのですが、小柄でとーってもかわいらしい見た目と裏腹(?)に、とってもパワフルで魅力的な方でした。

お邪魔してまず目に入ったのは、そこに並ぶ数々のパン(す、すみません、食い意地が・・)。バゲットやカンパーニュは勿論ですが、なんとカシスやパッショ
ンフルーツのピューレを使ったパンも。頂くと、とってもフルーティ!ピューレをパンに使うなんて初めて聞きました。女性ならではの感性ですよね!

yoshimi2.JPG
さらに、機材にも驚かされました。オーブンしかり、捏ね機しかり、ここはパン屋さんですか?というくらいに本格的なものがそろっているのです。これについて芳美シェフにうかがうと、「それがまさにこの教室で打ち出していることでもあるんです!本格的に、でも楽しく学びたいという方が世の中でとても増えています。こちらで自分で作り、焼いたパンがおいしくて続けてしまうという方も多いんですよ」とのことでした。

いつもはフランスに住んでいらっしゃるそうですが、ちょうどこのレセプションもありご帰国されている芳美シェフ。
実は急遽クオカショップ自由が丘でもレッスンをしていただけることになりました!ぜひ告知をお楽しみに!

広報 石原