2011年10月25日

お母さんのアップルパイが一番!

applepie.jpgみなさまこんにちは。商品開発チームの牧嶋です。さつまいもにりんご、栗・・と秋の味覚が満載の季節になりましたね。 

3月の震災以降、「家族と過ごす大切な”今”をもっと大事にしたい」という想いに、多くの方が共感しているように感じられます。 今回私が担当した「伝えていきたい やさしい秋のおやつ」のページには、実はそんな想いもこめているんです。

小さい時に、お母さんが買ってきたりんごで作ってくれたアップルパイ。 寒い冬に、台所から漂ってくる甘いりんごを煮ている香り。 待ちきれずテーブルに張りついていると、オーブンから出てきた熱々のアップルパイ。 目の前でカットしたら、サクサクの生地の中から、とろけるようなりんごが。 口の中にほおばっただけで、心も体もポカポカに!! みんな自然と笑顔になり、会話が弾む。お母さんのアップルパイが一番おいしい。

小さい頃にこんなアップルパイに出会った子どもたちが、今お母さんになってまた子どものためにアップルパイを作り、受け継がれていく。 今回、写真はプロデューサー自らが、気持ちを込めて社内のキッチンで撮りおろしました。

 “お母さんの手作りが一番おいしい。そんなお母さんの手作りをもっと応援したい” ・・・そんなクオカからのメッセージに、共感してくださった一人でも多くのお母さんが、アップルパイを作ってくれることを願っています。 
商品開発チーム 牧嶋