2012年3月26日

マレーシアに里帰り

rakusa.jpgみなさま、こんにちは。ゲストリレーションチームの茂戸藤です。 
 
「クリスマス」「バレンタイン」というクオカでの大きなイベントが終わり、ひと段落したところで、4年ぶりに夫の実家であるペナン(マレーシア)に1週間ほど里帰りしてきました。 
まずペナンといえば食べ物。中華系の人が多いので、中華料理をベースとしたものが多く、日本人の舌にもとてもよく合います。麺の種類もたくさん。
その中でも、私がペナンに帰ると必ず食べるものは「アッサムラクサ」(写真の右側)。魚のダシをベースに、ターメリックやレモングラスなどのスパイスでスープを作ります。麺はうどんを短く細くしたような形で、きゅうり、レタス、ミント、レッドオニオンをのせて食べるのですが、これが本当においしい。クセになる味わいで、日本に帰国してからもすでに恋しいです。 

あとペナンはいつも暑いので、冷たくて甘いものもたくさん。アイスカチャン(左側)は、豆がたっぷり入ったカキ氷で、こちらはスペシャル版でバニラアイスもトッピング。始めのうちは、日本のカキ氷との違いに戸惑いましたが、豆やゼリー入りのカキ氷も悪くないです。少し早いですが、今年の夏のカキ氷にぜひお試しくださいね。
ゲストリレーションチーム 茂戸藤