2012年10月30日

cuoca×CHIYODA型シリーズに2012年秋の新作が登場!

みなさまこんにちは。ECチームの小川です。

「お菓子の味を変える型」としてクオカオリジナルアイテムの中でもロングセラーとなっているcuoca×CHIYODA型。 愛用いただいているみなさまからは、お使いになった感想とともに「こんな型を作って欲しい!」という熱いご要望も毎日のようにいただいております。 
そんなお声をもとに、この秋新しく2種類の型が仲間入りすることになりました! 

100579_16_sL.jpg
「千代田金属さんと言えば、レモンケーキじゃない?」始まりは、お客様のこの一言でした。 レモンそのものの形にコーティングチョコがかかったレモンケーキ。みなさん召し上がられたことはありますか? 

昔からある懐かしいお菓子というイメージですが、なんとこちら、当時の千代田金属さんととあるお菓子屋さん、パッケージ屋さんが共同開発したケーキで、それが話題になり後に日本全国へと広がったものなのだそうです!(そんな裏事情をご存じのお客様にも驚きです・・・) 
今は見かけることは少なくなってしまったけれど、だからこそおうちで手作りしていただきたい、そして「本物」のレモンケーキ型をみなさまにお届けしたい!という想いからこのたびデビューが決まりました。 
できあがりサイズはシリーズの中でもかなり大きめ。ふんわりとした食感が存分に楽しめるのが特徴です。 
長く愛されてきた歴史あるレモンケーキ、ご家族みんなが揃ったおやつタイムにぜひ! 

100578_12_s.jpg
マフィンは一番人気の型ということもあり、以前からミニサイズには本当にたくさんのご要望をいただいていました。 
だけど、ただ小さいマフィンではおもしろくない。どんな風に使っていただきたいか?を具体的に考えるところから今回の開発は始まりました。 

この型の特徴は、よく見かけるマフィン型に比べ傾斜がほとんどないところ。そのため「深め」の作りになっています。 小さくても外側はカリッと、中はしっとりと仕上がること。そして焼きあがりに凛としたエッジをつけること。CHIYODA型ならではの「ワンランク上の仕上がり」を実現するために、大きさと角度には徹底的にこだわりました。 

また、深めの作りにしたことで、ミニサイズながら中に具を入れることができるのも大きなポイントです。おすすめは、あえてグラシン紙を敷かずに焼くミニガトーショコラ。生地の中にキルシュ漬けのチェリーを入れれば、パティスリー顔負けの上品な焼菓子の完成です。

CHIYODA型の新しい仲間、ぜひ多くの方に手に取っていただきたいです!
ECチーム 小川