2012年11月12日

WENGER×cuoca 開発秘話(その3)

wen1.jpg3回に分けてお伝えしてきた開発秘話も、これで最終回となります!

今年の春先に到着したカラーチップのサンプル。今までにないやわらかなカフェオレカラーが、スイス本国での承認も取れGO!となりました。 

次に、実際にこのカラーで作るナイフの選定に入ったのですが、これがけっこう難航しました。cuocaとしてはやっぱりブレッドナイフ、スナックナイフは外せない。それじゃ、ブレッドナイフとスナックナイフのセット? いや、それじゃ価格が高すぎる。
以前に好評だった、スナックナイフとパーリング(波刃)のセットはどうだろう? スナックナイフとパーリングの波刃2本は正直言ってお菓子作りには無駄! などなど、担当K氏と様々な意見を戦わせた結果 ブレッドナイフは単品、スナックナイフは平刃のパーリングナイフとセットにすることに。 

しかも、持ち手のカラーだけではなく、ブレッドナイフとスナックナイフには「WENGER×cuoca」のロゴのレーザー刻印が入ることに!!! パーリングナイフは、サイズの都合上刻印無しとはいえ、WENGERのナイフにcuoca刻印が入るなんて!と、打ち合わせ中に感動でちょっと震えたことは、今だから言えるヒミツです。 


さらにびっくりの展開だったのは、ここから。
wen2.jpg
以前から、個人的にはこういう風に使ってます。とかクオカスタッフはこう使ってます。など、折りに触れてWENGERの使い方をアピールしてきた甲斐あって、「クオカがおすすめする、WENGERナイフの使い方ハンドブック」リーフレットを作れないか?という先方からの打診がありました。

cuocaの紹介も入れていただける、ということでありがたくお受けすることになり、リーフレットが入るなら、クオカカラーの特別な化粧箱に入れてギフトになるような商品に!!と 当初の予定よりもだいぶ華やかな方向に向かって進み出したのは8月のことでした。 

そこからは、怒濤の制作。 クオカスタッフにWENGERの使い方を改めてヒアリングし、先方とリーフレットの内容を打ち合わせ、内容決定。 撮影、テキスト作成。とノンストップで進みました。
実際の商品が到着したのは発売直前の10月中旬のこと。製造前にサンプル生産はなく、春先に到着したカラーチップのサンプルのみだったので正直ドキドキでしたが・・・。 できあがりはみなさま見ての通りです! お菓子やパンのあるシーンによく似合う、ナチュラルなカフェオレカラーの持ち手に、赤いスイスクロスが良く映える ステキなナイフができあがりました!もちろん、刃への刻印もバッチリ。 

ギフトボックスはツヤのあるクオカブルー。 手作り好きの方への贈り物にも、自分へのご褒美アイテムにも、自信を持ってオススメできる商品ができました。赤いリボンが似合うステキなギフトボックスは、クリスマスプレゼントにもぴったりですよ!

商品開発チーム 松本