2013年9月26日

トルコ宮廷料理のシェフに教わる、ヘーゼルナッツを活かした簡単おもてなし料理

みなさま、こんにちは。スタジオチームの大久保です。

来る10月9日(水)にクオカスタジオは『トルコ宮廷料理「ブルガズ アダ」オーナーシェフに教わる家庭でできる!ヘーゼルナッツを使った簡単おもてなし料理』というレッスンを開催予定です。

プロの料理人から食通の一般の方々まで読者を納得させる「食」の情報誌、『料理王国』とのコラボレッスンです。

stl_01.jpg先日、このレッスンの試食会に参加してきました。
向かった先は、東京・麻布十番のトルコ宮廷料理「ブルガズ アダ」。黒・紅でまとめたシックで高級な店内に気持ちが高まります。オーナーシェフのメフメット・ディキメン氏とマネージャーである奥様が笑顔で出迎えてくださいました。トルコ料理は世界三大料理の一つと言われているのを、みなさまご存知でしょうか。トルコ料理でよく用いられる食材は、羊肉や海産物、オリーブオイルやヨーグルト、そしてナッツです。今回のレッスンでは、新鮮なトルコ産ヘーゼルナッツを用いて、メイン料理と、サラダ、デザートをご紹介します。

stl_03.jpgナッツを使ったメイン料理では、イワシにナッツを合わせたフリット。ヘーゼルナッツの香りとコクをイワシに加えて、少量のオリーブオイルで揚げます。食べ てみるとサクサクの食感! 揚げ物なのにしつこくなく、イワシとナッツの香りが楽しめます。おもてなしで喜ばれそうな一品でした。

続いてサラダです。このサラダに使用する「スベリヒユ」は、日本ではレアな野菜。野菜の中で唯一オメガ3脂肪酸を含有する食材です。食べてみるとクセも強くなく、シェフのオリジナルドレッシングとオレンジ、ナッツの組み合わせが絶妙で、もっと食べたい!と思ってしまいました。

stl_04.jpg
最後にデザート。小麦粉を使った生地の器にフルーツを盛り、ヘーゼルナッツと、チョコレート、ハチミツをトッピング。お食事の最後のデザートは幸せを感じる 物質「セロトニン」を増やす食材を使うのがディキメンシェフのこだわり。ただでさえ嬉しいデザートに、さらにシェフの思いも加わって本当に幸せな時間を 過ごさせていただきました。



こうして試食を楽しんできた私は、みなさまにもこの楽しさをお伝えしたいと思っています。クオカスタジオでのレッスンでは、ディキメンシェフ自ら、プロならではの盛りつけもお伝えします。レッスンのご試食では、メイン・サラダのあとに、デザートとともにトルコの紅茶も召し上がっていただく予定です!

今回のレッスンは、今までのクオカスタジオのレッスンとはひと味違った、エンターテイメントにできるかもと楽しみに準備を進めております。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
レッスンの詳細はこちら