2016年7月22日

朝食をいろどるグラノーラ生活

IMG_4626

あなたの朝食は、パン派?ごはん派?
それともグラノーラ?

長年朝食はパン食を続けてきましたが、今年になってから話題のグラノーラ生活を始めました。

思ったよりも簡単に作れるし、手作りの方がおいしい! 

グラノーラはもともと健康食として19世紀に生まれたそうです。
メインの材料のオート麦には食物繊維やミネラルが多いと言われているので、カラダのことを気にして食べている人も多いかもしれません。かく言う私もその中の一人です。

ただ健康のためとはいえ、どうせ食べるなら楽しくおいしいものにしたい!
ということで、自分好みのグラノーラを手作りすることにしました。
手作りすれば材料を吟味できるのもいいですね。

材料はいたってシンプル、基本配合は4:1:1。 IMG_4631

用意するのはオート麦やライ麦フレーク、そしてはちみつなどの甘味料、オイル。
これらを混ぜてオーブンで焼くだけです。出来上がったグラノーラに、冷めたらドライフルーツとローストしたナッツを好みで加えていきます。

材料の配合も、基本はオート麦 : 甘味料 オイル=4 : 1 : 1と簡単に覚えられるのが特徴。
私は大きめのオート麦の粒と、メープルシロップで作るのがお気に入りです。個人的にはちょっと油を減らして甘味料を多く入れています。オイルはクセのないサラダ油かグレープシードオイルを主に使っていますが、ココナッツオイルなどを使うと香りが付くので、気分転換したいときにはオイルや甘味料を変えることもあります。

今朝はどんなグラノーラを食べよう?

実は食事がワンパターンに陥るのがいちばんの苦手で、毎日同じものを食べるのがあまり好きではありません。だから朝食にグラノーラというのは「飽きそうだな」という印象があったんです。でも手作りグラノーラなら、アレンジもできるし色々と組み合わせを変えられるので、毎日楽しい朝食タイムになっています。

 たとえばチョコレートグラノーラだって手作りできる!FullSizeRender (7)

材料を混ぜるときにココアパウダーを加えれば、チョコ風味のグラノーラもお手軽に作れちゃいます。ポイントはちょっと塩を加えること。これでココアの風味がグッと引き立ちます。

私のいつもの定番はアーモンドを少量加えた基本のグラノーラ。そしてナッツやドライフルーツを何種類か用意しておいて、その日の気分で食べるときに加えています。IMG_4633

レーズンひとつをとっても品種や干し方によって味が変わるので、一袋食べ切ったら他のレーズンにしてみたり、そんな食べ比べも楽しいですよね。

グラノーラの食べ方も色々できるので、朝食をバラエティ豊かにしてくれます。FullSizeRender (2) 

基本は、ヨーグルト、バナナ、グラノーラ、ここに私は低GIの甘味料のアガペシロップをかけ、気分によってはスーパーフードの麻の実ナッツなどを加えます。牛乳をかけて食べるのもおいしいですし、もちろん何もかけずにそのまま食べてもザクザクしておいしいんです。

実は年明けから体調が今ひとつだったのですが、グラノーラ生活に変えてから気がつけば体調が良くなりました!

皆さんも手作りグラノーラ生活を始めませんか。