2016年8月22日

周りと差がつく!BBQに使えるアイデア集

bbq1

夏といえばBBQ! 海や川で焼いて食べるお肉は別格のおいしさですよね。そんなBBQにぴったりなクオカアイテムとかんたんレシピをご紹介しちゃいます!

ノンアルコールが嬉しい!
モナンシロップにひと手間加えた贅沢ドリンク

まずご紹介するのはドリンク。キンキンに冷えたビール!も、もちろん大好きなのですが、お子さんや運転をする方も大満足いただける、スペシャルシロップのご紹介です。

monin2

monin作り方はとってもかんたん、モナンシロップのサングリア味モヒート味にお好きなフルーツを漬け込んで一晩寝かせるだけで完成です。シロップ自体にもフルーツやミントの香りがついているのですが、こうすることでさらにフルーツ感アップ! 彩りも良くなりますし、フレッシュな香りと果汁が楽しめます。炭酸水や水でお好きな濃さに薄めてお召し上がりください。お酒を飲める方はワインやスパークリングワインなどで割ってもおいしくいただけますよ。ビールと割ったカクテルもGOOD!

極上白玉粉は夏にも活躍!
もちもちのお団子入り、冷製コーンスープ

corn

炭をおこしてお肉を焼く間に、冷たいスープなどはいかがでしょう。今が旬のトウモロコシに牛乳と生クリームを加えミキサーにかけたコーンスープ。冷蔵庫で冷やしたら水筒やペットボトルに注げば持ち運びもラクラクです。これだけでも十分においしいですが、さらにひと手間。

極上白玉粉に潰したトウモロコシを加え、ひと口大に丸めたらサッと素揚げします。スープを器に注いだ上に浮かばせるだけで、アッというまに本格的な冷製スープのできあがりです。

液ハネ防止! お肉のソースをフルフルに

お肉や野菜が焼けたら熱々のうちに頬張りたいところですが、ここで気になるのはソースや肉汁の液ハネ。せっかくおめかしした白いワンピースに茶色いシミが!なんてのは避けたいのがオトメゴコロ。そこで登場しますはこちら。

niku

焼肉ソースをゼラチンアガーでゆるーくジュレ状に固めたものです。お肉にのせると熱でゆっくりとサラサラとした状態にもどるので、ソースとしての味わいは変わらず。これなら液ハネも防げますし、葉野菜でお肉をくるんだときにも下から汁がこぼれる……という心配もありません!

フレッシュな野菜とお肉を
トールティーヤでクールクル

BBQはお肉ばかりになりがちですが、コーンフラワーコーングリッツで作ったトルティーヤがあればそんなマンネリから卒業! 材料を混ぜ、薄く伸ばしたらフライパンで軽く焦げ目がつくまで焼くだけのかんたんレシピです。 

tolty

サニーレタスやアスパラ、玉ねぎ、コーンやレンズ豆、アーモンドを細かく刻んで、チョップサラダを作っておきます。調味料をかけてしまうと水分が出てしまうので味付けは食べる直前に。

塩胡椒を軽く振ってローストしたチキンやポークをスライスしたら、トルティーヤにサラダ、お肉の順に乗せ、上から自家製サルサソースをワンスプーンたらします。これで贅沢なタコスのできあがり! トルティーヤをクルクル巻く工程はお子さんと一緒に行っても楽しいですよ。

デザートにはやっぱり手作りのスイーツを

食事の締めにはやっぱり美味しいスイーツが欲しくなりますよね。 肉汁たっぷりの食事のあとには爽やかなゼリーなんていかがでしょう。ゼラチンで固めた牛乳のプリンのうえに、白ワインのジュレやフルーツピューレのゼリーを乗せ、ミントを飾ったスコップケーキ。売店やコンビニでは買えない優しい甘さのスイーツは、口の中をさっぱりさせてくれるだけでなく火照った体も優しく冷やしてくれます。

大きめのホーローに作り、食べる直前に保冷バックから取り出してお好みの器に取り分けるだけなので、準備や持ち運びもとってもかんたんですよ。

milk

案外BBQに使える商品が多くて、紹介した自分でもびっくりしました。日差しが強い日がまだまだ続きます、直射日光に気をつけて夏を楽しんでくださいね。