2016年8月26日

真夏のスパイシー

currytop3

キッチン完備のクオカオフィスでは、毎日のランチタイムに素麺を茹でたり野菜を炒めたり、その場でぱぱっとランチを手づくりするスタッフも少なくありません。でもたまには本格的に!と、少し時間をかけて本格派カレーランチをつくってみました。

せっかくみんなで食べるなら、スパイスたっぷり本格派カレーに挑戦しよう!市販のカレールーを使わずにスパイスを組み合わせて、いちからレシピを組み立てます。

使う材料たちはこちら。curryzairyou

 クオカショップで販売しているスパイスたちに、ココナッツミルクひよこ豆ナッツトマト缶など。この他にアターやかぼちゃ、鶏肉も使いました。

ひよこ豆はゆっくり水戻しがおいしい!

作ったカレーは2種類。北インド風のひよこ豆カレーと、南インド風の鶏肉と夏野菜のココナッツミルクカレー。ひよこ豆カレーは、たまねぎと一緒にしっかり炒めて香りを出したクミンをベースに、ターメリックシナモンカルダモンベイリーフクローブカイエンペッパーと7種のスパイスをたっぷり使った本格派。でも、トマトの爽やかな酸味もあるので、スパイス初心者でもさっぱりいただけました。curry2

ひよこ豆は、前日から水に漬けてゆっくり戻しておいたものを使用。写真左が浸水前、右が浸水後。こんなに膨らみます!缶詰のものに比べて香りがよく適度な歯ごたえもあるので、ひよこ豆のおいしさを充分に味わうことができます。 

スパイスの香りを引き出すことがポイント

鶏肉と夏野菜のココナッツミルクカレーは、スタッフ秘蔵のブラウンマスタードシードをじっくり油で温めて香りを出し、砕いたカシューナッツ、玉ねぎ、ターメリックコリアンダージンジャーシナモンを加えてこちらはささっと炒め合わせ、鶏肉とココナッツミルクを入れてことこと煮込みました。toriniku

実ははじめはかぼちゃを入れる予定ではなかったのですが、煮込んでいる途中でコクが足りない!となり、後から追加しました。そんな感じで適当に作っても、何とかおいしくなるのが手作りカレーのよいところ。かぼちゃがとろっと溶けてクリーミーでスパイシーなカレーができあがりました。

本格チャパティ作り!これができなきゃお嫁にいけない

せっかく作った本格インドカレー。ごはんだけで食べるのはもったいないので、アターを使ってチャパティも焼きました。インド料理を習ったことのあるスタッフが慣れた手つきで焼いていきます。スタッフ曰く「インドではチャパティが作れないとお嫁にいけない…」らしいです。curry5

フライパンで焼くだけでもおいしいのですが、本場インドの作り方を習って仕上げは直火焼きに挑戦。フライパンで下焼きした後、直火でさっと炙ると生地がぷくーっと膨らみます。こうすると香ばしさが増して、口あたりも軽くなってたくさん食べられちゃいます。

スパイス効果で夏バテに負けない!

こうしてできあがった2種類の本格インドカレー。作っているときからオフィス中にスパイシーな香りを充満させ、みんなの食欲をかきたてたためか、夏バテでちょっと食欲が落ちていたスタッフもやってきて、みんなでモリモリ食べました。curry1

いちから作る本格カレー。難しそうに思えるけれど、作ってみれば意外と簡単です。市販のルーで作るカレーに、お好みのスパイスをプラスするだけでもひと味違ってくるので、ぜひお好みのスパイスを見つけてみてください。