2016年8月31日

2016年新麦第3弾、「ハナマンテン」で武蔵野うどん

hantake

『cuoca×新麦コレクション』第3弾、埼玉県産小麦を使用した、「【新麦コレクション】埼玉県産強力粉(ハナマンテン)1kg」が、販売開始となりました。

栽培・製粉は埼玉県。新麦製粉日には、クオカスタッフが工場におじゃまして見学させていただきました。あの時目の前で製粉された小麦がついに発売!真夏の暑さの中、工場内で汗をだらだら流して体感した挽きたての香りを思い出しながら、早速うどんを作ってみました。

武蔵の国のソウルフード!肉汁うどん

dekiagari

ハナマンテンの育った埼玉県は、かつて武蔵の国と呼ばれたところ。昔から小麦の栽培が行なわれ、小麦食文化が根付いています。そんな埼玉県西部のB級グルメとして最近話題になっている「武蔵野うどん」を作ってみました!「武蔵野うどん」の代名詞といえば「肉汁うどん」。お肉と長ネギの甘みが広がる濃い目のおつゆに、しっかりと歯ごたえのあるうどんをつけていただきます。

ホームベーカリーで生地づくり

kone

手ごねでも生地は作れますが、今回は、普段忘れがちなホームベーカリーの「めんコース」を活用してみました。ハナマンテン300g、塩小さじ2、ぬるま湯150mlをパンケースに入れて、うどんコースのスイッチを入れるだけ!15分ほどで生地ができあがります。koneagari

できあがったら打ち粉をふってラップに包み、室温で寝かせます。

太さがバラバラなのも手づくりの醍醐味

cut

生地を1時間ほど寝かせたら、あとは切って茹でるだけ。お好みの量(今回は4人分)に分割し、めん棒でのばして包丁で切ります。udontama

慣れていないと太さもバラバラ。切り終わってからもたもたしていると、切った断面同士がくっついて、おだんごみたいになってしまうので、すぐにほぐして打ち粉をまぶしましょう。できあがった麺は、食べる直前にたっぷりのお湯で茹でます。

お肉たっぷり!おつゆの味付けは濃い目がおいしい

IMG_6740

一般的な武蔵野うどんの肉汁は豚肉で作りますが、今回はお中元でいただいた牛肉があったので代用しました。おつゆの味付けのポイントは濃い目!麺自体がしっかりとした味わいと歯ごたえがあるので、それに負けないようにパンチのある味付けにします。dekiagari2

そしてできあがった肉汁うどんがこちら。 茹でた後冷水でしめた歯ごたえたっぷりのうどんに、お肉の旨味たっぷりの肉汁がぴったりです。麺の太さがバラバラな分、麺とおつゆがよくからんで、しっかりと食べごたえのあるうどんになりました。

おまけ

kinpira

甘辛味の合うハナマンテン。レシピ撮影用に焼いたベーグルに、甘辛きんぴらごぼうを合わせたら、これもまた絶品!ぎゅぎゅっとした歯ごたえのベーグルと、しゃきしゃきごぼうで食感の相性も抜群です。ハナマンテンはクオカでの取り扱いがそんなに長くない小麦ですが、どこか懐かしさを感じる和食にぴったりの味わいです。新麦のこの機会にぜひお試しください!


「新麦コレクション」ついて、もっと詳しく知りたい方は…

cuoca×新麦コレクション みんなで作ろう!新麦パン2016