2016年8月12日

新麦第一弾、『Premium(プレミアム)T』デビュー!

IMG_4831

7月からお知らせしていた『cuoca×新麦コレクション』第一弾、熊本県産小麦「ミナミノカオリ」を使用した、「【新麦コレクション】熊本県玉名産強力粉PremiumT(ミナミノカオリ)1kg」が、ついにデビューとなりました。(ご好評につき完売しました:2016/9/22)

2016年の新麦は、まず九州産の小麦からスタートです。

おおらかで素直、優しさを感じる「PremiumT」。

 _DSC3461

今回の販売にあたって、クオカでは旧原料と新麦の「PremiumT 」をそれぞれ作り比べてみました。いずれにしてもとても素直で伸びもよく、優しい味わいに仕上がる小麦粉ですが、新麦の方がよりソフトでふんわりと仕上がるような気がします。

おすすめレシピとしてご紹介しているのは、『PremiumTで作るコッペパン』。フワッとボリュームが出るのに適度に歯切れのよい、具材をサンドするのにもぴったりのコッペパンが焼き上がりますよ。

地震にも負けず、元気に育った小麦です。

この「【新麦コレクション】熊本県玉名産強力粉PremiumT(ミナミノカオリ)1kg」の誕生秘話と思い入れを、メーカーである熊本製粉株式会社の山口部長にお伺いしました。

熊本製粉営業山口さん

cuoca:「Premium(プレミアム)T」の『T』って、どういう意味があるのでしょう?

山口:実は3つの意味があります。熊本県玉名市の「Tamana(玉名)」、「Tasty(味わい)」、「Traditional(伝統)」。この3つの『T』においしさの秘密があるプレミアムな小麦粉、という意味です。

cuoca:熊本県の中でも玉名産の原料は特にプレミアムなんですね。

山口:はい、熊本県玉名市の農家の方のご尽力で、最初の取組から10年ほどかかり、ミナミノカオリの品質向上が実現しました。熊本製粉でも原料の選定、分別、特殊な製粉方法を行っている工場泣かせの特別な商品なのですが、本当にプレミアムです。

cuoca:特徴的な仕上がりの違いを教えていただけますか?

山口:タンパク値の高い小麦を厳選することで、従来品よりボリュームのある製品ができるようになりました。タンパクが高いと言っても一般的な強力粉に比べると若干低く、パンの食感の引きが強くなく、口どけの良いパンになります。小麦の味、香りは残しつつボリュームが出ることで、ふんわり感と口溶けの良さがアップしました。

cuoca:全国で新麦を待っているみなさまへ、ひと言メッセージをお願いします!

山口:特に今年の小麦は震災にも負けずに育ってくれた小麦を使っています。みなさまのお手元にお届けできたらとても嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!


熊本製粉の山口さん、ありがとうございました!

地元である熊本県でも8月10日(水)、新麦解禁のイベントが行われました。8月30日(火)にはクオカスタジオレッスンにもご登壇いただける、梶晶子先生による「ポリパン」で作る新麦パンお披露目の講習会。梶先生はこの前日、重陽公園仮設住宅でもフライパンで焼く「ポリパン」レッスンを開催されたとのことですよ。

熊本県のおいしいスイカはそろそろ旬が過ぎますが、「ミナミノカオリ」の新麦はまさに今が旬!「Premium(プレミアム)T」で作った新麦パンを食べて、熊本県の応援もしたいですね!