2016年9月9日

ちぎらせたくない、ちぎりパン

chigiripan00

このところ暑さも和らぎ、少しずつ涼しくなってきましたね。昨夜の帰り道は、オフィス近くの花壇からも鈴虫の音色が。パン作りにいい季節になってきたなあ、と思いひさびさにパンを作ることにしました。

実は久しぶりのパン作り。以前ちぎりパンに初挑戦したところ、クマのつもりがモンスターちぎりパンになってしまって以来です。せっかくなのでリベンジしようと、再びクマのちぎりパンに挑戦。
もっちり米粉食パンミックスの袋のレシピをもとに、水分量を20ml減らして手ごねします。
こね・一時発酵・分割が終わって、いよいよ成形。chigiripan01

不器用を自覚して、耳以外のパーツはチョコペンに頼ることにしたところ、無事にクマのちぎりパンが完成しました!ややいびつな出来ですが、初めて上手に作れたちぎりパンがかわいくて仕方ありません。焼きたてのおいしいうちに食べてほしいけど、ちぎってほしくない・・・!そんな微妙な親心です。

それにしても、発酵中のパン生地というのはなんだってこんなに愛おしいのでしょうか。
丁寧にこねてあげると時間とともにぷっくりと膨らんでいくその姿
ほんのりと温かみをおびた柔らかな感触は、
なんともいえない心地よさです。
手ごねパンの癒し効果を実感した週末でした。