2016年10月18日

まさかの、うっすらハロウィン!?

cheesecake02

ハロウィンらしいお菓子を作りたいと思った週末。
そうなると毎回、「娘(1歳)のお手伝いをいかに阻止するか」問題に直面します。
すぐに作れて失敗が少なく、おいしいものを、ということで今回はキャラメルチーズタルトに決定。

生地は、材料を順番に加えて混ぜていくだけ。
案の定、寄ってきた娘にホイッパーを握らせて「ぐるぐるぐる」を繰り返すこと数分。
こし器で生地をこしたら焼成済みのパイタルトに流し込みます。余った生地の一部にキャラメルクリームと生クリームを追加! 色の濃い生地でハロウィンの絵柄を描いて170℃のオーブンへ。

cheesecake00

甘〜い匂いに包まれて待つこと30分、いざオーブンを開けると、描いた絵が下の生地となじんでぼやけてしまっていました。手作りのキャラメルクリームがゆるすぎたことが原因のようです。手作りといっても、別のレシピ用にショップで作っていたものを拝借しただけですが。
これで完成! でも良いのですが、娘にもっと喜んでほしいという親のエゴがむくむくと……。

cheesecake01

困ったときのチョコペン頼み! ぼやけた線の上をなぞって、本当に完成です。
かぼちゃあんで作ったかぼちゃ風ボールにピックを刺して添えたら「いただきます」。娘はまだ食べられませんが、と思いきや、チョコペンの線をぺりぺり剥がしてこっそり食べていました。

いつもの料理やお菓子も、ハロウィン風にするだけで楽しさが増えるものですね。あと数週間、みなさんもぜひ手作りでハロウィン気分をお楽しみください!