2016年11月3日

とあるスイーツ男子の週末

weekend-cooking00

パウンドケーキの中にごろごろと入っているのは、ダイスカットのチョコレート。ではなく・・・実は、年季ものの漬け込みフルーツなんです。戸棚の奥で眠っていた、かつて大量に仕込んだ漬け込みフルーツ。そろそろ使いきらないとと思い立ち、久しぶりにシェフの気まぐれクッキングを開催しました。

 材料を順番に混ぜ合わせて型に流し込み、焼いたら完成のパウンドケーキ。お手軽なのにおいしいお気に入りのレシピのひとつです。焼きあがる洋酒と小麦のいい香りにスイッチが入り、秋の手作りをもう少し楽しむことに。

季節を楽しむ気まぐれシフォン

weekend-cooking01

「気まぐれシフォン」は、基本のレシピ+季節の味わいのアレンジシフォン。今回は秋らしい味わいをプラスしようと、かぼちゃパウダーを入れてほんのりイエローの生地に。目詰まりすることなくふんわり膨らみました。焼いているときからかぼちゃの甘い香りがたちこめ、おなかがすいてしまいます。

ロマンがつまったパンケーキタワー

weekend-cooking02

シフォンケーキとパウンドケーキは粗熱が取れるまでお預けのため、おやつは特製パンケーキ。焼きあがったパンケーキを皿に積み重ねてパンケーキタワーの完成。家族には「そんなに食べられるの?」と半ばあきれられますが、積み重ねるところに、ロマンがあるのです。

瓶が空くと、また仕込みたくなる・・・

週末のキッチンに大量にできあがった甘いものたち。これで無事に漬け込みフルーツも使いきり一安心かと思いきや、漬け込み用の瓶が空くとまたなにか漬け込みたくなるものですね。今年はフルーツの色合いを楽しめるホワイトラムで漬けようか、それともガツンとパンチの効いた何か別の洋酒でつけようか。今年もまた、戸棚に漬け込みフルーツが鎮座しそうな予感です。