2016年12月16日

米粉でさくほろっ!酉年スノーボール

snowball_02

お正月といえばお年玉ですね。新年に大集合する親戚の小さな子供たちにも、もちろん渡すのですが・・・
私は、お年玉の代わりに干支にちなんだ「お年賀スイーツ」を渡すことにしています。
今年の「お年賀スイーツ」は食べやすくてころんとかわいいスノーボールを、酉年なのでニワトリとヒヨコの形で作ることにしました!

クオカのスノーボールのレシピを参考に、薄力粉とコーンスターチの分量をすべて米粉に置き換えて作ります。米粉にしたことで、生地の色がより白く、食感も薄力粉で作るよりもさくさくほろりと軽く仕上がりました。

snowball_01

作り方はとっても簡単!ころころ丸めたスノーボールの生地に、つまようじで穴をあけ、チョコスプレーを埋め込んで目にしています。ちょっと面倒であれば、焼いたあとにチョコペンで目を描いてもいいですね。
くちばしは、スライスアーモンドを半分に切ったものをさしこんでいます。

ヒヨコは、生地にパンプキンパウダーを加えて黄色に着色。ニワトリは、とさかに見立ててクコの実をあたまのてっぺんにさしこみました。
生地の色をいかすため、あまり焼き色をつけたくないので、焼いている途中に様子を見ながらアルミホイルをかぶせてくださいね。私は、ちょっとかぶせるのが遅くなってしまい…とさかのクコの実がちょっぴり焦げてしまいました。

焼き上がったスノーボールに、最後の仕上げ!ニワトリには粉糖を、ヒヨコにはパンプキンパウダーをふんわりとふるいます。クリスタルパックに入れてから、お年玉風にポチ袋に入れてラッピングすれば、オリジナルお年賀スイーツの完成です。
ちびっこたちのびっくりする顔を想像して、にまにまが止まりません。喜んでくれるといいな~!