2017年2月20日

冬の手作り ほめられオランジェット

orange00

世の中のチョコレート熱の高まるこの季節。ちょっぴり時間のできた週末に「なにかチョコレートのお菓子を作りたい」と思いたち、オランジェットを手作りしました。

実は、とってもお手軽

orange03

今回作ったのは、写真のような市販のオレンジコンフィを使って作るオランジェットです。作り方はとっても簡単。

  1. オレンジスライスのシロップをふき取る
  2. チョコをつける部分にココアパウダーをまぶす
  3. テンパリングしたチョコにディップして冷やし固める

手順はたったこれだけなんです!お休みの日にちょっとだけ手作りを楽しみたいなというとき、とてもありがたいお手軽さです。

早速オレンジの周りのシロップをキッチンペーパーでふき取って・・・

あっという間につやつやオランジェット

orange05

ちょっぴり自信のないテンパリングは、テンパリングの素におまかせ。ココアパウダーをまぶした部分をチョコにくぐらせ、シートの上に並べます。なんと、基本的な作業はこれでおしまい。お好みでチョコがやわらかいうちに転写シートを貼り付けます。

作っている間、部屋中にカカオの良い香りが広がりなんとも幸せな気持ちに!

転写シート、はまっちゃいます

orange04

今回はお気に入りの転写シートを使って、かわいいチェック柄に仕上げてみました。転写シートをはがす瞬間の「つるんっ!」の気持ちよさときたらありません。ぜひ皆さんも、この気持ちよさもセットで楽しんでくださいね。

「ほめられ」オランジェットのヒミツ

orange01

舌の肥えた友人たちからもリクエストをもらうオランジェット。秘密はオレンジのシロップ漬けにあるんです。フルーツ加工のプロフェッショナル「うめはら」のおいしいオレンジサークルは、美しいフォルム、オレンジの味わい、そして適度な柔らかさがそろった絶品です!

シロップをぺろり、でおいしさがわかる

orange02

琥珀色のとろとろとしたこの液体は、オレンジスライスが浸っているシロップです。実はこのシロップにおいしさのポイントが。オレンジのシロップ漬けは砂糖の甘さが強く出やすいのですが、レモン果汁を配合することで柑橘らしい爽やかさがしっかり感じられます。

スタッフたちのひそかな楽しみは、このシロップで何をつくるか。フレーバーとして紅茶に入れて楽しむスタッフもいれば、はちみつの代用としてフィナンシェや生チョコに入れるスタッフも。オレンジのフレーバーとほのかな酸味が、幸せな味わいを演出してくれますよ。

手作りオランジェット、みなさんもいかがですか?

お手軽なのにとってもおいしいオランジェットは、忙しい方やチョコレートのお菓子作りが始めての方にもおすすめしたいレシピです。みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね!