2017年2月8日

【バレンタインブログ06】自分好みの「俺チョコ」を手作り!芋焼酎生チョコを作ってみました

sake-chocolate01

みなさん、バレンタインデーの手作りは決まりましたか?
今年は、男性が自分用に買うバレンタインチョコ「俺チョコ」が話題のようですね。さらに、「酒チョコ」も人気が高いとか・・・。

お菓子作りは初心者。混ぜるだけのお菓子しかトライしていないWEB担当荒川です。

今回、僕の好きな芋焼酎で生チョコを作ってみたら、自分好みの生チョコになるんじゃないか思いチャレンジしてみました。

自分好みの焼酎で「俺チョコ」作りにトライ

チョコをつくるために用意した芋焼酎

使用したお酒は、「明るい農村 ハツダレ」です。

このお酒は、芋焼酎の原酒でアルコール度数が45度くらいあります。ためしに普通のアルコール度数25度くらいの焼酎で作ってみたのですが、芋焼酎の香りや味がうまく出ませんでした。他の洋酒入り生チョコで使用しているお酒もアルコール度数が高いので、同じようにアルコール度数が高めのものにしてみました。

ちょっとお酒のはなし

芋焼酎「明るい農村」は、鹿児島県・霧島町蒸留所で作られた芋焼酎です。昔ながらの手づくりのかめ壺で寝かせて作られた芋焼酎は、ほんのりと甘い芋の風味と柔らかな口当たりが特徴です。この寒い時期はお湯割りにすると、焼酎の香りを楽しみつつ、芋焼酎ならではのしっかりとした味わいが楽しめます。

さらに「明るい農村 ハツダレ」は、蒸留し始めに出てくる濃度の高いところで作られた特に風味のよいお酒で、香りが高くうまみが凝縮されています。

成功のコツは安心レシピ

だいぶ、焼酎の説明になってしまいましたが、「俺チョコ」を作るにあたって参考にしたレシピは、「3種の生チョコ」のスイート。

レシピ通りに作りバターを加えて混ぜた後に、芋焼酎を大さじ1と1/2を加えて、冷やし固めています。あとは、冷蔵庫から取り出して、包丁で切って、ココアパウダーをまぶして完成!生チョコを切るときは、「生チョコをきれいにカットするコツは?」の記事を参考にしてみてくださいね。ポイントは「包丁を温める」です。

そして出来上がる絶品「俺の生チョコ」

味は期待通りバッチリ!きちんと、芋の香り・味がするおいしい生チョコができました。
今回選んだ芋焼酎は、こだわりの逸品で作っています。焼酎の原酒が手にはいればどんなものでもあうと思いますが、あまり芋くさすぎないほうがよさそうです。

クオカオンラインショップをご覧の男性の皆さんもぜひ「俺チョコ」作りを楽しんでみてくださいね。