2017年2月20日

実は簡単!レンジで桜もち2種

sakuramochi_04

まだまだ寒い日が続きますが、暦の上ではもう「春」ということで、一足早く春の定番和菓子「桜もち」を作りました。

手軽にできる基本の桜もち

難しそうなイメージの和菓子ですが、実は電子レンジを使って手軽にできるレシピもあるんです!全く和菓子を作ったことがなかった私ですが、クオカに入社してから3年、毎年のようにこのレシピで桜もちを作っています。初めてでも簡単ですよ。

sakuramochi_02

材料を用意して、生地をレンジにかけて、蒸らす間にあんを丸め、包んで巻いてできあがり!ちょっぴり色がつきすぎ&あんがきれいに丸まっていませんが・・・まあ、味には大きく影響しないし、くらいの気持ちで作っています。

レシピでは道明寺粉(1/4)で作っていますが、今回は道明寺粉(1/2)を使ってみました。
「1/4」はもち米を4つ割に、「1/2」は2つ割にしたもの。1/2の方が粒が大きいんです。粒が大きい方がよりつぶつぶ感があって、食べ応えのある食感になりました!1/4のはもっとなめらかな食感になります。お好みで選んでくださいね。

材料選びに困ったら、「手作り桜もちセット」もあるので、まずはこちらで試してみるのも手ですよ。

季節限定の「あん」でアレンジも!

ちょうど季節限定の桜あんも入荷していたので、アレンジバージョンにも挑戦!生地の部分は色をつけずに、中に桜あん。外には桜の葉ではなく、水にさらして塩抜きした桜の花の塩漬けでおめかし。

sakuramochi_03

桜の葉が桜あんに混ぜ込まれているので、ちゃんと桜の風味と塩気も感じられます。できたてをすぐに食べたい気持ちはわかりますが、1時間くらいおいて味がなじんでからの方がおいしく召し上がれますよ。

sakuramochi_01

みなさんもぜひ、一足早い春を味わってみてくださいね。