2017年2月6日

【手作りキットレポート06】「抹茶ブラウニー」を大人女子アレンジ

vdkit_macha_index

バレンタインキット手作り体験レポート6回目となる今回は、「ちょっぴりオトナのほろにが抹茶ブラウニー(以下抹茶ブラウニー)」。

バレンタインに抹茶!?なんて意外に思われるかもしれませんが、甘いものが苦手な方向けにも、周りとちょっと差をつけたい人にも喜ばれているこちらのキット。
そのすっきりシンプルな姿を、さらに女子ウケするよう変身させたい!と思い立ち、ガーリーなデコに挑戦してみました。

混ぜて焼くだけ!あっけないほどの簡単さ

vdkit_macha_01

例のごとく、週末、夫に子どもを連れ出してもらって、いざスタートです!

vdkit_macha_02

このキット以外に必要な材料は、バターと卵、牛乳だけ。このキットも、どこのご家庭の冷蔵庫にいつでもあるものだけで作れますよ。ココアと抹茶の2つの生地作りから始めましょう。

vdkit_macha_03

1:ミックス粉と卵とバターを混ぜてココア生地を作って、2:型に流し入れて、3:抹茶生地も作って、4:型に流し入れたら、5:クッキークランチを散らして、6:オーブンへ。
抹茶がふんわりと香ってくるころ、焼きあがりました。…あっけないくらい簡単です。

なお、レシピを流し読みしたばかりにうっかり間違えそうになったポイントがひとつ。
後日、バターを後から混ぜるのはどうして?と開発担当に聞いてみたところ、抹茶生地は厚さが出にくい生地なので、ふんわり焼きあげるために後からバターを入れるんだそう。もしいっぺんに混ぜてしまった…!という場合も失敗にはなりませんで、安心してくださいね。

ハートに抜いて…大人かわいいアレンジに

vdkit_macha_05

さて、ここからがアレンジです。
生地を冷ましている間に、チョコペンでリボンやハートのパーツを作っておきます。

vdkit_macha_04

粗熱が取れたらめたらハートのクッキー抜き型で抜いていきます。形とサイズ感が好みで選んだこの型がなかなかぴったりで、半端なあまりを出さずにきれいに12個抜けました。
はしきれを味見したところ、甘さ控えめでほろ苦く、抹茶の香りが余韻に残ります。これは確かに、甘いものが苦手な大人の方に喜ばれそうなおいしさです。

vdkit_macha_06

次に、チョコペンでササッとランダムにラインを描いて、作っておいたパーツをくっつけたらできあがり!
ベースの抹茶色が渋めなので、ピンクやホワイトなどガーリーな色を使って大人かわいい仕上がりに。このデコなら、あまり考えなくてもよい雰囲気にまとまりますよ。

食べてみると、抹茶の香りはそのままに甘さが加わって、これなら子どもも食べやすいかも…?

大人だけじゃない!子どもだっておいしい!

vdkit_macha_07

さっそくその日のおやつに。今回も子どもは、ハートかわいいー!と大絶賛。ひとくちパクリほおばると、おいしいー!とニコニコ。ちょっと苦い?と聞くと、ぜんぜん!とのこと。普段からお茶に馴染んでるからでしょうか、苦味はまったく気にならない様子。もうひとつ!おかわりー!と食べていました。

vdkit_macha_08

くまちゃんマドレーヌみたいにかわいくデコる用のキットをアレンジするのはもちろん、こんなふうにベースがシンプルなキットをあえて選んで、自分好みにアレンジデコするのも楽しいですね。おすすめです!