2017年4月6日

シンプルなものにこそ使いたい!イタリア・カプート社の小麦粉

capuuto_index

製粉や品質にこだわったイタリア・ナポリの製粉会社CAPUTO(カプート)が作る小麦粉。プロの間でも話題のこの粉で、イタリアならではフォカッチャとビスコッティを作ってみました!

パン作りが上手でなくても、おいしくできる?!

カプート社の代表的な小麦粉「サッコロッソ」は通常ピッツェリアで使われる粉。
でもこの粉でパンを作ってみたらびっくり!パン作りに慣れていなくても、生地ごねを頑張らなくても、おいしいフォカッチャが作れてしまいました。

もちろん、もともとフォカッチャって難しいパンではありません。でも普通の粉だとパンをよりしっとりもっちりさせるためにお水を少し多めに入れると、生地がベタついて最初は触りにくいんです。

DSC_1948

でも、このサッコロッソはお水をうまく吸ってくれてまとまりがよいのが特徴。この粉を使えばあまりこねなくても自然とまとまってくれるので、生地がとても作りやすい!

DSC_1976

発酵させるとしっかりと大きなガスも保ってくれて、シート状に伸ばせばまるでイタリアのマンマが作るようなフォカッチャのできあがりです。

DSC_1998

ふっくらしていて、でも弾力もある。そして粉のうまみも感じられる。
今まで使ったどの粉より自分好みのフォカッチャができたかなと思っています。イタリアパンにはまさにもってこいの粉です!

シンプルな焼き菓子が好きな方にもおすすめしたい

また、このカプート社の粉は素朴でシンプルなお菓子作りをしたい人にもおすすめです。

お菓子作りには青い袋が目印の「クラッシカ」を使います。

写真 2017-03-31 14 30 47

イタリアのお菓子と言えば、ビスコッティ。シンプルな配合なので、粉による風味や食感がよく出るお菓子でもあります。

写真 2017-03-31 14 41 12

 ほんのりと生地が茶色がかっているのは、粉の色。伸ばした状態のまましっかりと焼き込んで、カットした後に両面さらに焼き上げます。 

写真 2017-03-31 16 22 51

粉の粒子が粗いからでしょうか、クラッシカを使ったら、ざっくりとした食感のイタリアらしいビスコッティになりました。オフィスでもコーヒーのおともに大人気。

ちなみにこの粉でスポンジも焼いてみたのですが、スポンジも普通の薄力粉とはまた別の食感が楽しめました。
そのまま食べてもおいしい、まるでカステラみたいなスポンジになります。このスポンジでティラミスを作ったらコーヒーシロップがしっかり染みておいしそうだな、と思ったり。

そのまま食べるようなシンプルな焼き菓子にはこのカプート社のクラッシカはおすすめです。
ぜひ、イタリアカプート社の小麦粉でお菓子・パン作りをしてみてくださいね。