2017年4月21日

人気の「レモンスクエア」のお味は・・・?

lemonsquare_00

まだ「ひんやり」の気分ではないけど、そろそろ「さっぱり」が恋しい。そんなわがままな胃袋をもてあましているところに「いまレモンスクエアが人気」との噂を聞きつけ、早速おやつに手作りしてみました。

◆レモンスクエアってどんなお菓子?

レモンスクエアはクッキーやタルトの生地の上にレモンカードを流して作る焼き菓子です。アメリカではポピュラーなおやつで、レモンバーとも呼ばれているようですよ。
大好きなクッキー生地にレモンカード。想像するだけでおいしそうな組み合わせに期待が高まります。

まずは土台作り

今回はお手軽に作りたいので土台はグラハムビスケットで代用します。砕いたグラハムビスケット100gに、溶かしバター40gとブルーポピーシード小さじ1をあわせて、流し型にしきこんだら準備完了!

レモンカードは材料を順番に混ぜるだけ

つぎはレモンカード作りです。
薄力粉大さじ1とベーキングパウダー小さじ1/4を合わせたら、レモン果汁30g(約1個分)・卵1個・グラニュー糖60g・レモンの皮のすりおろし1/2個分を順番に加えて都度よく混ぜます。
ムラなく混ざったら先ほどの土台の上に流し、190度で予熱したオーブンで約20分。
焼き時間からレモンの爽やかな香りが漂います。

お手軽でおいしい「いま食べたい」お菓子

焼きあがって粗熱が取れたら完成です。冷やす時間を待ちきれずに味見してみると、レモンカードの酸味が爽やかで、いくらでも食べられそうなおいしさです!
ブルーポピーシードのプチプチ感がアクセントになり、食感も楽しいお菓子に仕上がりました。常温でもおいしいですが、冷やすと生地がしまり、レモンの爽やかな酸味が引き立ちます。

さっぱりと食べられて程よい食べ応えがあるレモンスクエアは、まさにいま食べたいお菓子。あまりにもお手軽にできるので、我が家の定番おやつに仲間入りしそうな予感です。