2017年6月2日

コーヒーゼリーが好きすぎて〜抽出方法別食べ比べその1〜

DSC_0081

器に鼻を近づけて、ひと息吸い込むと喉の奥まで広がる、スモーキーでフルーティーな香り。つるんとした舌触りや、クリームのまろやかでコクのある味わい、夏の気だるさを一気に吹き飛ばしてくれる酸味と苦味。全てが一体となった食べ物こそがコーヒーゼリーだと思います。

どうも、クオカのスイーツ男子こと、コーヒーゼリーとチョコミントを愛してやまない斉藤です。

前回インスタにもアップしたエンゼル型のコーヒーゼリーがとても好評だったので、調子に乗ってコーヒーゼリーの食べ比べがしたい! と熱弁したところ、スタッフから冷めた目つきで「やればいいじゃない」と言われたのでやらせていただきます。

そもそも、コーヒーゼリーにあうコーヒーってなんなんだ

凝固剤、コーヒー、砂糖、ミルク。たった4つの材料からなるコーヒーゼリーの最大のポイントといえば、やはり「コーヒー」。
苦いのがよいのか酸っぱいのがよいのか…悩むところです。

しかし実は「コーヒーゼリー」は好きだけど「コーヒー」自体にこだわりがない私。しばし悩んだのち「コーヒーのことはプロに聞くのが一番だ」と結論づけ、自由が丘のコーヒー豆を販売している「こ豆」さんに駆け込みました。 

斉藤「すみませーん、コーヒーゼリーにあうコーヒーを教えてくださーい!」

中島さん「コーヒーゼリーですと、抽出した後に冷蔵庫で冷やす工程がありますよね。その途中で香りも飛びやすいですし、しっかりとローストされていて香りが残るこちらのマンデリン産の豆などはいかがですか? 酸味もありすっきりとした味わいになりますよ」

斉藤「なるほど、じゃあそのオススメの豆をひとつください!」

中島さん「あと当店で抽出して瓶詰めしている、こちらのアイスコーヒー(ボトル入り)などはいかがでしょうか? 通常のコーヒーの2倍量のお豆を使って特別な淹れ方をしているので、ゼリーにしても香りと味がしっかり残ると思いますよ」

斉藤「なんとお手軽な!それもください!!」

中島さん「あと、水出し用の豆も販売してまして、このドリップバックを入れて1日置いておくだけでコーヒーができあがります。普通のコーヒーと比べてすっきりまろやかな味になるのでおすすめです」

斉藤「今おっしゃったもの、全部ください!!!!(ドン!!)」

中島さん「お買い上げありがとうございましたー(にっこり)」

斉藤、コーヒー淹れるってよ

かくしてコーヒーを淹れる準備は整ったのです。早速美味しいコーヒーを淹れようではないか!

 ■水出し
水:味わいに影響を与えづらいと聞いたので「軟水」
抽出時の温度:3〜6℃(冷蔵庫内温度)
淹れ方:抽出容器にドリップバックを入れてペットボトルの水を注ぎ1晩冷蔵庫で抽出するだけ!楽チン!(こ豆さんでは常温での抽出をオススメされていましたが、作業時間の都合上冷蔵庫にて抽出しています)

DSC_0061

■お湯出し
豆の引き具合:少し粗め(深煎り焙煎に向いているらしい)
水:味わいに影響を与えづらいと聞いたので「軟水」
抽出時の温度:92〜96℃
淹れ方:ペーパードリップ
淹れ方はコーヒーショップで働いていた経験のあるスタッフから教えてもらいました
ドリッパーの真ん中で「の」の字を書くように、焦らずゆっくりと…。 

■ボトル入り
もうできあがっているので注ぐだけ!なんて便利!

さあ準備は整った。ゼリーにしよう!

さて、それでは早速ゼリーを作りましょう。
凝固剤は食感の比較をするためにアガーと板ゼラチンの2種を用意。

コーヒーはそれぞれ鍋に入れて火にかけて温度調整をしながら凝固剤を溶かします。アガーは液体量に対して2%、板ゼラチンはふやかして商品に掲載されている通りの分量を混ぜ溶かします。あとは容器に注ぎあら熱をとったら冷蔵庫で2時間以上冷やすだけ!甘いコーヒーが好きじゃないという極めて個人的な理由により、砂糖は入れずに固めてみます。

さらに比較用にインスタントコーヒーでもゼリーを作ってみました。

あー、時間が早く過ぎないかなぁ。

というところで次回実食レポートに続きます。
楽しみにお待ちくださいね!

こ豆さん、ありがとうございます!

今回ご協力くださった「こ豆」さんの情報はこちらです。
自由が丘付近にご用事の際は、クオカショップ自由が丘本店と合わせてぜひお立ち寄りくださいね!
【こ豆 自由が丘】
■〒152-0035 東京都目黒区自由ヶ丘1-28-8 自由ヶ丘デパート1F
■tel.03-5731-5595  fax.03-5731-5596 
■Open 10時30分~19時 ※水曜定休
http://comame-j.cocolog-nifty.com/