2017年6月2日

新しいパン作りの楽しさを体験!「デコ食パン認定講師講座」レッスンレポート

salone-ze_index

2017年5月より、クオカは日本サロネーゼ協会と「デコ食パン認定講師講座」を開始しました。
日本サロネーゼ協会は、シュガークラフトやアイシングクッキー、デコカップケーキといった、女性に人気のお菓子作りで自宅教室を開設するためのサポートを行っています。
クオカは新たにデコ食パンを始める方、普及に努める方々が、よりおいしく、美しい作品を仕上げられるよう材料・道具の面からサポートしてまいります。

さてみなさま、デコ食パンってご存知ですか?金太郎飴やアイスボックスクッキーのように、切っても切っても同じ模様が出てくる食パンのことで、SNSを中心に人気を集めています。
今回、同じ自由が丘にある日本サロネーゼ協会におうかがいし、特別にデコ食パンのレッスンを体験させていただきました。その風景をレポートします!

パン作り初心者も上級者も、みんなが同じスタートライン

今回参加したスタッフは、元パティシエのレシピ開発スタッフから、手ごねの経験はほんの数回の初心者である私まで、パン作り経験レベルは様々な4人。もちろん、デコ食パン作りは全員初体験です。

salone-ze_01

そんな私たちに教えてくださったのは深堀先生。ニコニコと明るく優しい笑顔でテキパキと教えてくださり、こんな先生なら安心して楽しく教室に通えそう!そんな素敵な先生です。

先生「デコ食パン講座の魅力のひとつは、ほとんどの方がデコ食パン作りがはじめてなので、みんなが同じスタートラインなこと。安心して参加してくださいね」

デコ食パン講座では、パン作り初心者の方でも失敗しないよう、クオカが一緒に開発させていただいたデコ食パン専用のミックス粉を使用。パン作りの難関である生地こねはホームベーカリーにまかせて、成形や組み立て方を中心に楽しく学べる内容になっています。

先生「アイスボックスクッキーと違って、パンは発酵と焼成でぐんぐん生地がふくらむので、思ったとおりのデザインには必ずしもできあがらないんです。そんな予想を裏切られるところも、デコ食パンのおもしろさのひとつかもしれません」

カラフルでも安心!天然素材のパウダーで色付けしています

今回教えていただいたのは「りんごのデコ食パン」。ひととおりの工程を説明していただいたら、こねあがった生地の分割からスタート。小さなパーツがあるので、20gや6gといった細かい分割をしていきます。

とってもカラフルでかわいい色合いが目を引くデコ食パンですが、どの色も、野菜パウダーや抹茶や紅麹、ココアなどの天然素材のパウダーのみを使用するというこだわりが。小さな子どもを持つ母親としては、とってもうれしいポイントです。

salone-ze_03

パウダーをごく少量の水で溶かした色つけ用のペーストを作り、生地に混ぜていきます。

先生「はじめはとってもベタつきますが、混ざってくるとまとまります。頑張って!」

salone-ze_02

特にタネのココア生地は、「こんな小さな生地に本当にこんなに入れるの?」「手が真っ黒になった!」と、みんなでワイワイ言いながらの楽しい作業となりました。

棒状に伸ばして包んで重ねて、重ねて包んで

一次発酵を経て、いよいよ組み立てです。

先生「いろんなパーツを作っている間にも、生地の発酵はどんどん進みます。ここからはスピーディーに、一気にいきましょう!」

salone-ze_04

細い棒状に伸ばしていき、重ねて包んで、

salone-ze_05

さらに包んで、葉っぱの抹茶生地を乗せたら、

salone-ze_06

最後に紅麹の生地で包みます。

小さくて柔らかい生地を均一できれいな棒状に伸ばすのはひと苦労。型に入れた途端に肩から力が抜け、なんとかやりきったね!と、焼きあがりを見る前からすでにみんな満足げな表情。
しかし、頭の中で断面図を想像しつつ、このタネのココア生地をこうしすると…?、葉っぱの抹茶生地をこのあたりに乗せると…?とパズルのように組み立てていく作業はなかなか難しく、そしていつものパン作りとまったく違う頭の使い方で、おもしろかったです。

二次発酵が終わったら、あとは焼きあがりを待つのみ。うまくできるかな?こんな予測不可能なワクワクドキドキは、普段のパン作りではちょっと味わえないかもしれません。

上手にできたかな?いよいよ断面とのご対面

さあ、焼きあがりました。一体どんなふうにできあがったか、ナイフを入れる緊張の一瞬です!

salone-ze_08

タネの位置が少々ずれてしまいましたが、なんとも愛嬌のあるりんごたちが焼きあがりました!はじめてにしては、まあまあのできばえ、でしょうか?

オフィスまでの帰り道、みんなの感想に共通していたのは、とにかく楽しかった、おもしろかった!ということ。ひとりだけパン作り初心者だった私は少々心配していたのですが、少し遅れを取りつつも、足手まといになることなく一緒に完成させることができました。今度は自宅で、ちゃんとりんごに見えるよう、再チャレンジしたいです!

パン作り初心者でも楽しくかわいく作ることができ、その中でパン作りのおもしろさや奥深さも経験していくことができるデコ食パン認定講座は、ハードルの高いパン作りに風穴を開け、新しい価値観を生み出す試みではないかと期待しています。
デコ食パンやご自宅でのパン教室にご興味のある方、ぜひ説明会にご参加くださいね。

salone-ze_09


「デコ食パン認定講師講座」について詳細はこちらから >