2017年7月5日

「メロンパンの皮」のせて焼いちゃいました

melon_00

メロンパンが大好きです。
おうちでメロンパンを手作りしたことがありますが、やっぱり焼きたてサックサクのメロンパンのおいしさといったら格別ですよね。

本当は、ゆっくりパン作りをしたいところではありますが
やんちゃざかりの2歳の息子がいるので、なかなかパン作りの時間が取れないのが現状・・・。
最近はもっぱらホームベーカリーで朝食用のパンを焼くので精一杯です。

でも!焼きたてのメロンパンが食べたい~!!
でも!時間はかけられない~!!
でも!食べたい~!!というせめぎあいの結果・・・
市販のバターロールやクロワッサンにメロンパンクラストミックスで作った皮をのせて焼いてみることにしました。

これなら、めんどうで時間のかかるパン生地作りや発酵の工程を華麗にスルーして「メロンパンの皮」だけを作って、市販のパンにかぶせて焼けば完成!
ということで、さっそく「時短メロンパン」作りにチャレンジしてみました。

melon_01

「メロンパンの皮」の材料は3つだけ!ミックス粉に卵1つと溶かしバターを混ぜるだけです。

melon_03

「メロンパンの皮」の生地を取り分けて、1つはプレーン、もうひとつはストロベリーパウダーを混ぜてみました。

melon_0405

「メロンパンの皮」の生地を8等分して丸めたら、ラップにはさんで伸ばします。
ラップごしに、パンに生地をきゅっと密着させるように包みます。

melon_06

表面にお砂糖をまぶして格子模様をつければ「王道メロンパン」、チョコチップを混ぜ込んで「チョコチップメロンパン」、アーモンドスライスをトッピングして「クロワッサン・ダマンド風」など、お好みのアレンジも自由にできます!
なんと、成形をぜんぶ終えたところでまさかの20分!めちゃくちゃ早い!普通に作っていたら、1時間は余裕で超えているはず・・・。

melon_08

あとは、190℃に熱したオーブンで10分焼くだけ。
30分でメロンパンができあがりました。

melon_07

息子の朝食に出したら「ぱん、あまいねぇ~」と言いながらぱくぱくおいしそうに食べてくれました。

市販のパンを使うので、オーブンでさらに焼くとぱさぱさになってしまわないか心配でしたが、メロンパンの皮をかぶせて焼くので、パン自体の水分は飛ばずに中はしっとりのままでした。
バターロールのメロンパンは、表面に塗り卵をしたものを使ったせいか、ちょっと皮が取れやすく食べているとぽろぽろと崩れてきやすかったので、塗り卵なしのバターロールをおすすめします!
ベースのパンには、ミニクリームパンや白パン、塩パンなどを使ってもおいしいと思います。
30分でできる「時短メロンパン」、ぜひお試しください!