2011年10月25日

栗をたっぷり使った秋のお菓子作り

季節は秋。この季節が巡ってくると、さつまいも、栗といった女子の大好きなものが、そのシーズンを迎えます。旬の素材を使ってお菓子を作るのも、お菓子作りの醍醐味ですよね。

まず、秋の最初に『マロンのロールケーキ』を作りました。(写真:1番上)ロールケーキの生地は、本当に種類が豊富。ふっくらしたジェノワーズ生地、卵白を別立てして粉糖をふって焼くビスキュイ生地、しっとりとしたスフレ生地などがあります。今回は、ふわふわして風味豊かで優しい仕上げにしたかったので、カソナートを使ったジェノワーズ生地にしました。(写真: 上から2番目)

生地が焼き上がったら、ラム酒とシロップを染み込ませ、マロンクリーム、生クリームで作ったモンブランクリームを全体に伸ばします。その上に、大きめにカットした渋皮付きのマロンをたっぷりと敷き詰めました。

途中、もしかしたらクリームと栗が溢れ出てしまって、上手に巻けないかもしれない!?と、ヒヤヒヤしましたが、何とか無事に巻けました(笑)

ここで、出来上がりをすぐに試食!!といきたいところですが、生地とクリームが馴染むまで、数時間ほど冷蔵庫で寝かすのが美味しくいただくポイントです。

もうひとつは『マロンパウンドケーキ』です。(写真:上から3番目)先日、BS-TBSの『たびカフェ!』というテレビ番組にゲスト出演した際に、手作りのスウィーツを番組内で紹介していただきました。

秋らしく栗を使ったお菓子がいいかなと思い、自宅で試作を重ねて、マロンペーストを生地に混ぜ込み、どこを切ってもマロンが出てくるように栗をゴロゴロ入れてパウンドケーキを焼きました。焼き上がったら、熱いうちにラム酒をたっぷり染み込ませて大人のデザートに。添えられたマロンクリームにも、風味付けにほんのりラム酒をきかせています。(写真:上から4番目)

番組では、自ら盛りつけも。(写真:一番下)収録中に目の前で司会の方に召し上がって頂いた時は、本当にドキドキしました(笑)でも、美味しいと言って下さって嬉しい限りです。

手作りのお菓子を美味しいと言って食べてもらうというのは、本当に嬉しくて、幸せなことですね。