2012年2月24日

子育てとお菓子作り

出産のためしばらくお休みしていましたが、今回からコラム連載を再びスタートします。

昨年11月末に娘を出産し、赤ちゃんとの生活がスタートしました。大好きなお菓子作りもしばし休止していたのですが、娘も3ヶ月になり新しい生活のペースに少し慣れてきたので、育児の合間に時間を見つけてはお菓子作りをしています。とはいえ、以前のように時間をかけてじっくりとお菓子作りをすることはしばらく難しそうなので、さっと手軽に作れるものが多くなりました。

お菓子作りはタイミングが大事ですから、途中で赤ちゃんが泣き出してしまったら大変ですものね。これからはマイペースでゆっくりと楽しんでいきたいものです。いつか娘と一緒にクッキーやケーキを焼いたり、母娘でお菓子作りを楽しめたらいいなと夢も膨らんでいます。

2月はバレンタインデーの季節。チョコレートを使ったお菓子作りを楽しんでいます。最初に、材料を混ぜて焼くだけという、とってもシンプルで手軽なチョコレートケーキ『ガトー・ショコラ』。チョコレートは、フランス・ヴァローナ社のクーベルチュールチョコレートを使っています。

上質なチョコレートを使うと、やっぱり美味しくて、贅沢な気分になるので、チョコレートはちょっとリッチなものを選ぶようにしています。シンプルなお菓子なだけに素材にはこだわりたいものです。ガトー・ショコラはオーブンの中でふっくら膨らんで、焼き上がり後に冷ましていくと、真ん中がしぼむように沈んで亀裂が入ります。(写真1)その様子を観察するのも実に楽しいものです。

ハート型の焼き型があったらバレンタインの雰囲気を演出できたのですが、我が家には丸型しかなかったのが残念です(笑)冷めたら表面にさっと粉砂糖をまぶして完成。(写真2.3)イチゴやベリーなどの甘酸っぱいフルーツや生クリームを添えていただきます。(写真4)

残ったチョコレートで,簡単生チョコレートを作りました。これは本当に簡単!チョコレートと温めた生クリームをあわせ、お好みのリキュールで風味付けをしてから冷やし固めて、最後に表面全体にココアパウダーをまぶすだけ。リキュール次第でどんな風味にもなりますから、風味のバリエーションも豊富。今回はラム酒とグランマニエを加えて2種類の生チョコを作りました。シャンパンなどのお酒と一緒にいただいてもいいですよね。(写真5)

手作りのバレンタインチョコレートは心もほっこりして幸せな気分になります。イベントに合わせて楽しむのもお菓子作りの醍醐味ですね。

もうすぐ春の到来です。3月には雛祭りもあり、娘も初節句を迎えます。春らしく優しい彩りの食事や可愛いお菓子で御祝いをしたいなと今からあれこれ考えています。