2012年5月17日

上質な素材で大人のお菓子作り!

街中が新緑で彩られて気持ちのよい季節ですね。5月はゴールデンウィークもあり、慌ただしい平日とは違ってゆっくり出来る休日が多く、リラックス気分の朝を迎えた方も多いのではないでしょうか?

今回は、のんびりスタートの我が家での、ちょっと特別日な日の朝ゴハン(ブランチ)からご紹介します。

子供の頃から好きで、今でもふと恋しくなるのがパンケーキ(ホットケーキと呼んでましたが…)。子供時代は日曜日のランチの定番メニューで、食卓の上にセットしたホットプレートを囲んで、家族みんなで焼きたてを頬張ったものです。
また、家庭のものとは違う、ホテルのきめが細かくて上品なパンケーキも好き。綺麗な焼き色で統一された表面に、メイプルシロップやハチミツ、バターをたっぷり染み込ませていただくときは、至福の時でもあります。

大好きなパンケーキですが、カロリーも気になるところ。ですので、日常を頑張った!?自分へのご褒美として『リコッタチーズのパンケーキ』を作りました。そういう意味でもパンケーキは特別なんです!

生地にリコッタチーズ、メレンゲを混ぜ合わせて、バターを薄く伸ばしたフライパンで焼いて、チーズの風味を加えるだけでプレーンなパンケーキもリッチに。バナナなどのフルーツ添えると、ブランチに相応しくボリューム感のある一皿になります。(写真1.2)

フレッシュチーズの中でもとりわけ好きなのがフロマージュ・ブラン。いつもは輸入されたものを使うことが多いのですが、国産の美味しいフロマージュ・ブランを見つけたので、さっそく使って『クレームダンジュ』を作りました。(写真3.4)これは新鮮な材料さえ揃えばとっても簡単に作れて、甘いものが苦手な方にも喜んで頂けるお菓子。口当たりも軽いので食後のデザートやワインのお供にもおすすめです。

一晩水切りしたフロマージュ・ブランにホイップした生クリーム、粉砂糖を加え、ガーゼを敷いたココットに入れて冷やし固めています。今回はしっとりと濃厚なチーズの風味を堪能したかったので卵白を加えていませんが、卵白を加えるとさらにふわふわに仕上がります。酸味のあるフルーツソースと良く合うので、ソースは彩りも綺麗なブルーベリーを使った自家製。ハチミツをたっぷりかけて自然の甘みをプラスして完成です。チーズとハチミツの組み合わせも最高ですよね。

最後に、とってもとっても簡単なお手軽デザートのご紹介です。ヴァローナのトリュフボールを使って作る一口アイス。(写真5、6)本来はトリュフ用のチョコレートでガナッシュを入れてトリュフを作るのですが、ホイップした生クリームを入れて凍らせると簡単に一口アイスの完成です。遊びに来てくれたお友達のお子さんにも大好評でした!

時間をかけて作るお菓子作りも好きですが、失敗を気にせずに家庭で気軽に楽しめるお菓子作りもいいですよね。また、フレッシュチーズのように新鮮で上質な素材が手に入ったらシンプルにいただく、これは最高の贅沢のように思います。