2013年3月26日

春の訪れとお菓子作り

桃の節句、皆さんはどのように過ごされましたか?
今回は1歳3ヶ月になる娘にとって2度目のお祝い。今年も娘が健康に育つようお祈りをしながら、家族で祝いました。

昨年に引き続き、雛祭りケーキを焼きました。
昨年の初節句のときは眺めるだけだったケーキですが、今年は娘も食べられます。とは言え、大人向けのデコレーションケーキは食べられないので、子ども向けに生クリームと大好きなイチゴを飾った菱形のケーキに。四角形のジェノワーズを焼き、そこから菱形にカット。ジェノワーズも自分で焼くと、子ども用に砂糖の分量を控えめに調節できるのでいいですよね。仕上げに可愛い初音雛セットとフルーツを飾って完成です。娘は見た瞬間、目をキラキラさせて喜んでいました。大好きなイチゴを飾って大正解でした(笑)。こういう瞬間は、やはり嬉しいです。毎年、手作りのケーキでお祝いできたら素敵ですね。

桜の季節を前に、一足お先に桜気分を楽しみたくて、桜のシフォンケーキを作りました。17センチのシフォンケーキ型を使用しています。生地には、ほんのり桜の香りが漂うように桜フレーバーをいれました。何度焼いても、シフォンケーキが上手に膨らむと嬉しいものですね。(逆にしぼんでしまうと悲しいですが…)

焼きあがったら、ゆるくホイップして、同じく桜フレーバーを数滴たらした生クリームでデコレーション。仕上げにフリーズドライの桜の花フレークひらひらと花びらが舞うように飾りました。生地や生クリームを桜色に色付けしようか迷ったのですが、仕上げの桜フレークの鮮やかな桜色とのコントラストを楽しみたくて,今回は色付けをしませんでした。お菓子作りもファッションと同じで引き算が大切ですよね。イメージ通りの仕上がりに満足しています。友人が遊びに来てくれた際のティータイムにいただいたのですが、生クリームに覆われたシフォンケーキは切り分けるのが難しかったです。ふかふかのシフォンケーキは崩れやすいですからね。桜の葉の塩漬けの上に盛りつけていただきました。

春本番。桜のスイーツレシピをまだ色々考えているので、ぜひチャレンジしてみようと思っています。また、ご紹介しますね。