2014年10月28日

ハロウィンに向けてジャック・オ・ランタンのクッキー作り!

10

この数年、日本ではハロウィンが行事として取り入れられ、
街中のあちこちでハロウィンに向けて飾られたオレンジのカボチャのオブジェなどを目にします。

2歳の娘は、それらを「カボチャおばけ」と言っては、
喜んで近づいています(笑)
時にはその前で記念撮影なんかもしていますよ。

ジャック・オ・ランタンのさくさくクッキーセット」を使って
子どもと一緒にハロウィンのお菓子作りを楽しみました。

こうしたセットは、子どもと一緒にお菓子作りをする時は本当に便利です。
使う材料のほとんどが揃っており(今回はバターと卵を別に用意しています)、
特に計量がされているのが魅力です! 小さい子どもがいると計量などのひと作業にひと苦労…。
その作業が省略出来るのは有り難いものです。そして、使い切りというのもいいですよね。

クッキーミックス、パンプキンパウダーとバターと卵を加えて混ぜ合わせたら、
セットに入っていた絞り袋で絞り出しです。

しぼりだし

指定の作り方では、2センチずつ縦に4本並べて絞り出すのですが、
時間短縮のために「W」に絞っちゃいました(笑)

娘にパンプキンシードを差し込んでもらいました。
そして、娘に何かもっとお手伝いをと思い、
表面に指でちょんちょんと溶き卵を塗ってもらいました(笑)
こういうことが、2歳の娘には嬉しいみたいですね。
使命感を持って作業に取り組んでました!!!!

焼きあがり

そして、焼き上がったところ…
表面に塗った卵で焼き色にムラが…ご愛嬌ですね(笑)

予想外にぷっくらとふくらんだパンプキン!!!!
実は、これ、ちょとしたアクシデントですね…。
仕上がり枚数も記載されていた予定枚数よりかなり少なくなってしまい、
その分一枚一枚が大きく、ふっくらと仕上がりました。

混ぜ加減とか、焼き加減とか、些細なことが影響してしまうお菓子作り。
子どもと一緒ですと、バタバタしてしまい、こうしたアクシデントはつきものですね。
でも、それも楽しい!!!!!
子どもと一緒に作るのは本当に楽しいです。

できあがり

仕上げに、お顔をチョコペンで書いて、
可愛いジャック・オ・ランタンのクッキーが完成です♪

ちょっと早いハロウィンを楽しみました。
でも31日当日までには、クッキーはなくなってしまうでしょうね(笑)