2015年2月6日

今年も娘と一緒に「2色のうさくまクランチポップ」を作りました!!!

01

2月14日のバレンタイン前ですが…
娘の、「もう、まちきれないよ~。ねぇ、つくっちゃおうか?」の一言で、
おやつ用に、2色のうさくまクランチポップを作りました。

娘にとっては2度目のクランチポップシリーズ。
まず、材料が一式入っている可愛い箱に大興奮し、
箱を開けると、「これがチョコレートでしょ、これがサクサク(娘はコーンフレークのことをそう呼んでいます)これがチョコペン、おかおをかくのよね」と言いながら、
興味深くあれこれと触って確かめていました。

 袋を開け、湯煎でチョコレートを溶かすところからお手伝い♪
3歳の子どもにとって、袋を開ける、中のものを容器にだす、
そういったひとつひとつの作業が大切な経験となります。

そして、慎重に型に流し込みます。
型から溢れ出したり、たれてしまったりしながら一生懸命に集中していました。
ちょっと入れすぎてしまったため、本当は5本作れるはずが、ストロベリー味は4本になっています(笑)

ペーパースティックを差し込むときも、真剣に取り組んでいました。

冷蔵庫で冷やし固めると…きれいなくまさん、うさぎさんの形になっています。
このチョコレートは短時間でとてもきれいに固まり、型から取り出す時もきれいに取り出せますね。

チョコペンでお顔を描いて完成です。
娘は、パンケーキなどの大きなスペースでしたら大丈夫なのですが、
小さいスペースに描くチョコペンの加減が分からず今回は断念。
お顔は私の作品です。
大人でも少し難しかった~(笑)
お恥ずかしい話ですが、ちょっと手が震えますよ~(笑)
目のサイズが左右で変わってしまったり、お口が歪んでしまったりと、
愛嬌のあるかわいいうさぎちゃん、くまちゃんになっています。

 さっそく、おやつにいただきました。
ストロベリー風味は言うまでもなく、子どもが大好き!
キャラメル味も、苦みがなくマイルドなキャラメル味でとってもおいしかったです。

あとは、「パパにね!」とラッピングしました。

私自身もそうであったように、
子どもとのお菓子作りは子どもにとって大切な経験になると思います。
こうしたかわいいお菓子作りセットがあると、
普段忙しくてなかなかそんな時間がとれないママや
自宅で材料をいちから揃えたりするのは大変だとお感じのママにも
気軽に子ども一緒に楽しくお菓子作りをしていただけると思います。

他にも大人向けキットもあるので、そちらも作ってみたいと思います。