2015年6月8日

デザートに熱々のフォンダンショコラ

fondant-_au_chocolat_04

衣替えも終わり、夏に向けて暑くなっているのにも関わらず、
なぜか熱々で濃厚なデザートが食べたい気分。
ということで、フォンダンショコラを作りました。

表面はスポンジ生地、中はとろとろのチョコレートソースが
美味しいフォンダンショコラ。
お店のデザートメニューにあるとよく注文するデザートです。
お店によってチョコレートの濃厚さ、柔らかさ加減が異なるので
パティシエの特徴がでるお菓子かもしれませんね。
添えられているのも、ベリーのソース、フルーツ、
バニラアイスクリーム、ホイップクリームなど様々。
あつあつを提供されるため、15〜20分くらいの焼き時間を
考慮して注文しないといけないのですよね。
時間がないときなどには、泣く泣く断念することも多いです。

fondant-_au_chocolat_01

子どもでも美味しく食べられるよう、カカオ分62パーセントの
クオカ製菓用スイートチョコレートダイスを使いました。
チョコレートを溶かして粉類を混ぜあわせ、
メレンゲを加えて更に混ぜ合わせる。
最初からダイス状になっているので刻む手間がいらず、
溶かし易いチョコレートです。

fondant-_au_chocolat_02fondant-_au_chocolat_03

作り方自体はそれほど難しくなく簡単ですが、
美味しさの決め手は焼き時間。
今回は、ル・クルーゼのハート形のココットと
子ども用にオーバル型のミニココットに入れて焼きました。
ココットの大きさで焼き時間を変えています。

fondant-_au_chocolat_05

しっとりと焼き上がりました。
個人的な感想ですが、深めの容器の方が程よくイメージ通りに焼き上がります。
ミニココットの方はとろとろの部分が少なかったです。

fondant-_au_chocolat_06

チョコレートの種類でも味が変わってきますので、
次回はカカオ分のパーセントが高いビターチョコレートを使って
もっと濃厚なフォンダンショコラを作りたいです。
そして、今回バニラアイスクリームの用意がなかったので、
次回はバニラアイスクリームを添えていただきたいです!!