2015年12月24日

娘と一緒にクリスマスケーキ作り

xmas_sweets_00

クリスマスシーズン真っ只中ですね。
今年は、子供の通う園のお友達や、友人、そして家族でと、それぞれに小さなクリスマス会を催して楽しんでいます。
イブの前日に行われた友人とのクリスマス会では娘と一緒に手作りしたクリスマスケーキでお祝いしました。

お誕生日ケーキもクリスマスケーキも子供が好きなのは、やっぱり生クリームたっぷりのケーキ。
フルーツはイチゴとバナナ!!
これまで何度もブログでご紹介していますよね(笑)もう我が家の定番です。
クリスマスケーキもベースは一緒で、飾り付けをクリスマス仕様にしました。

ジェノワーズ

おかげでジェノワーズは最近安定した作りになってきています。
最後の焼き具合の確認は昔から竹串を愛用しています。

飾り付けのお手伝い

フルーツを並べるのは4歳になったばかりの娘の役目。
娘もこれに関しては慣れたものです(笑)

今回の生クリームは、中に挟んだり表面には乳脂肪分35%を、仕上げには45%を使いました。
乳脂肪分が高いとボソボソになりやすいので、温度と泡立てすぎには注意しています。

生クリームの絞り口金は木の葉口金♯4を使用しています。
昨年に引き続き、ポインセチアをイメージしたお花のようなケーキにしています。

クリスマスの手作りケーキ

少し大きめの口金を使って華やかなイメージに。
このデコレーションがとっても可愛くて、そして、絞りやすいので木の葉型口金はオススメです!!
ホワイトルーフウッドハウスクリスマスプレートプチサンタドレミファキノコゴールドの柊を飾っています。カラフルなミニキノコが愛らしくって可愛いです。

ケーキのオーナメント

さて、飾り付けの途中でハプニンング!!!
クリスマスプレートが割れてしまいました・・・。
なんとか飾れましたがチョコプレートは繊細ですので、皆さんもお取扱いにはくれぐれも気をつけて下さいね。

仕上げは粉糖の雪化粧でクリスマスらしく。
この仕上げの粉糖は、仕上がりがそれなりに美しく見えるので、これもオススメです。

アイシングの材料

先日焼いたジンジャースパイスクッキーは、その後、娘と一緒にアイシングをしました。
アイシングに使用したのは、シャンパンゴールドミックスアラザンクオカチョコペンホワイトブラックの2色。
そして、初秋頃に海外旅行で訪ねたハンガリーで購入してきた、アイシング用のお砂糖と、カラフルな飾りです。

ハンガリーではスーパーで製菓材料をお土産として大量に購入してきました。
海外で購入した製菓材料は、それを使用するだけで海外のお菓子の味になるので、日本でのお菓子作りにとても重宝します。
このアイシング用の粉砂糖にも少しアマレットの味がプラスされていて、とても美味しかったです。

アイシングをしたジンジャークッキ

娘の力作は、個性豊かなお顔がいっぱいです!!!
お絵かきのような感覚で、どんどん仕上げていってくれるので、見ていてもとても楽しいです。
こうした絵が描けるのも小さい子どものときだけですので、貴重な作品として写真に残しておこうと思っています。

チュコペンはカラーによって、固まる時間が異なるようです。
ホワイトはすぐに固まりましたが、ブラックは少し時間がかかりました。

ジンジャークッキーをラッピング

しっかり固まったらラッピングして完成です。
クリスマスツリーに飾って、お友達にプレゼントしました。

ジンジャークッキーはツリーの飾りにも

クリスマス会の後、お友達から『いただいたジンジャークッキーが可愛かったから、その後ジンジャークッキーを手作りしたよ!!』との嬉しい声が届きました!!
こうしてお菓子作りの楽しさが広がっていくことは、とても嬉しくて幸せなことですね。

今年も日常生活の中で多くのお菓子を作ってきました。
小さい子どもとの生活の中で、手作りのお菓子のある光景は、安心感と安らぎにあふれた、かけがえのないものだと思っています。

これからも楽しみながら家庭のお菓子を作っていきたいと思っています。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。