2016年6月10日

アメリカンチェリーのクラフティ

CherryCrafty00

アメリカンチェリーの美味しい季節になりましたね。さっそく大好きなアメンリカンチェリーのクラフティを焼きました。クラフティはアパレイユをそのままタルト型や薄めの耐熱皿に流し込んで焼いてもいいですし、タルト台を使ってそこに流し込んでも焼いても美味しいです。

今回は、クオカのらくらくクッキータルト台18cmを使って、クラフティーを焼きました。手作りのタルト台も美味しいですが、時短やちょっと楽したい時にオススメなのがこのタルト台です。クッキーのようなサクサクした食感ですので、クラフティのようなしっとりとした柔らかめの生地との相性はピッタリです。

レシピ(18cmタルト台)です。

*材料

*作り方

1.レモンの皮をおろす。

2.ボウルにレモンの皮、グラニュー糖、塩、コーンスターチ、薄力粉、全卵を加え 混ぜ合わせ、最後に生クリームと牛乳を加え混ぜる。CherryCrafty01CherryCrafty02

3.種を取ったチェリーをクッキータルト台に並べ入れ、1の生地を注ぐ。

CherryCrafty03

4.あらかじめ170度に予熱したオーブンで40分ほど焼く。

焼きたてを温かいうちにいただいても美味しいですし、冷やしても美味しくいただけます。ほどよくレモンの酸味が効いた生地に焼いて火を通すことで甘みが増したチェリーは本当によく合います。

CherryCrafty04

またしっとりしたクラフティとサクサクのタルト生地の異なる食感が楽しめます。バニラアイスなどを添えてもいいですね。耐熱皿に多めに作って、ホームパーティーのデザートにもオススメです。当日は準備にバタバタしてしまうので前日に焼いておいて冷蔵庫で冷やしておけます。 また、今回はアメリカンチェリーを使いましたが、バナナなど他の果物でもアレンジが出来ますよ。是非、作ってみてくださいね!!