2016年6月24日

暑い日のデザートに手作りわらびもち

warabimochi00

夏に向けて日に日に暑さが増してきましたね。気温が上がるにつれ、子どもたちにはひんやりとしたおやつやデザートが大人気です。我が家の子どもたちは、ケーキのような洋菓子だけではなく、きな粉や餡子を使った和菓子も大好きです。中でも、わらび餅は二人とも(4歳の娘、2歳の息子)が大好きなおやつです。

warabimochi01warabimochi02

わらび餅はお店で購入してくることも多いのですが、自宅でも簡単に美味しく作れるので手作りもオススメです。今回は『和三盆いりわらびもち手作りセット』を使っています。こうしたお手軽な手作りキットは、材料が食べきれる量だけ入っているので、作った後に中途半端に材料が残らないのがいいですよね。

warabimochi03

まず、お鍋にわらび粉、水、和三盆、お砂糖を入れ混ぜ、中火にかけながら木べらで練り混ぜていきます。この時最初は液体ですので、これでいいのかな?と不安になりますが、液体に熱が入り、一定の温度になった瞬間、急に粘りのある固形に変わっていきます。

warabimochi04

ここからはこれまでとは違ってパワーが必要です。徐々に固形に変化してくるわらび餅を透明感と粘りが出るまで混ぜ続けなければなりません!! 固形になるにつれ生地も重くなり練りづらくなってきますし、何より、練っている自分が 暑いです(笑) 汗がでてくること間違いなしです!!

透明感がでてきたら火を止めて、きな粉をまぶして一口大に手でちぎります。この作業も、まだわらび餅には熱が残っているので手が少し熱いですね(笑)作業内容自体は簡単ですが、わらび餅作りは思いがけず忍耐力を必要とする力仕事です。でも、出来上がりはそんな苦労を忘れるほど美味しいです!! 出来立てのわらび餅はとても柔らかくて、本当に美味しいです。

冷蔵庫で冷やして食べるのですが、私的には出来立ての生温いわらび餅がとろけるように柔らかくて美味しいですよ! セットに入っていた黒蜜をかけていただきました。是非、自宅でのわらび餅作りにトライしてみてくださいね。